スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況です

ここのところのんびり屋の私にしてはいそがしく、更新が遅くなってしまいました。ごめんなさい。



昨日はお休みだったので新宿御苑にお花見にいきました。すごい沢山の人がきていました。途中で買ったレモネードを、お花と人に囲まれながら飲みました。おいしかったです。


レモネード




なんだかお花の精がいるかと思うくらいきれい桜です。


御苑桜1


御苑桜 2




スポンサーサイト

サイト・メルマガのご紹介

「21日間で人生がきっとよくなる」という無料レポートを発行されている夢仙人さんは、中村天風さんの理論をもとにした成功法則など、ご自身で実践・検証した豊富な情報を無料で公開されています。


ホームページはこちらです。


メルマガはこちらです。
「誰も書かなかったプラス思考の作り方!夢仙人問答集」
「非常識な潜在意識の開花法&右脳力開発法」

肝臓浄化(リバーフラッシュ)

日々の節制が苦手で、イベント的健康法好きの私は、このたび、欧米ではわりとポピュラーな肝臓浄化(リバーフラッシュ)にチャレンジしてみました。胆嚢にある胆石をだすための民間療法で、肝臓の働きがよくなるのだそうです。



肝臓浄化には、エプソム塩(硫酸マグネシウム)を使います。エプソム塩は局方品(お医者さんの診断があって処方される薬)なので、普通の薬局では売っていません。古くからの慣習であつかってくれる薬局を見つけて、とりよせました。効能書きに「胆石症・便秘」とあります。「便秘には経口投与、胆石症には十二指腸ゾンデで注入」と書いてあります。経口で胆石をとるために、オリーブオイルを飲むのかな・・・?


硫酸マグネシウム



午後2時から断食です。私はふだんから不規則な食生活をおくっているので、一日くらいの断食はなんともないです。


200ccの水にエプソム塩大さじ1杯とかしたもの(エプソムソルトウォーター)を、4杯つくっておきます。


エプソムソルトウォーター



午後6時と8時にエプソムソルトウォーターを飲みました。センブリのような苦さがあります。飲んだあとビタミンCでお口直ししました。エプソムソルトウォーターは、飲んだ水分を腸にとどまらせる働きがあるようで、おなかがグルグルしてきて、水みたいなトイレがでます。トイレがでると途端におなかがすくのは、便秘が満腹感のモトなのかな。




オリーブオイル120ccと、同量のグレープフルーツの絞り汁をまぜます。私はチョンボしてオリーブオイルを少なめに(100cc)、グレープフルーツジュースを多めに(150cc)にしちゃいました。




オリーブオイル+グレープフルーツ




それをミキサーでまぜます。色がかわりました。



オリーブオイル+グレープフルーツ混ぜたもの




午後10時に、オリーブオイル+グレープフレーツジュースを、立ったままいっき飲みします。すごいマズイんじゃないかと恐れていたのですが、思ったほどではなくて安心しました。飲んだらすぐ仰向けに横になります。最低20分仰向けです。眠くなかったので瞑想してて、いつの間にか寝ました。



朝(6時以降)起きたら、エプソムソルトウォーターを飲みます。トイレには、うすい緑色のつぶがいくつかでてきます。これが胆石だそうです。その後2時間してから最後のエプソムソルトウォーターを飲みます。これで終わりです。



2時間したら復食です。うどんを食べました。
肝臓浄化は、やってて体が喜ぶ感じがします。私には合ってる感じです。


近況です

今年の1月に、大学最後の科目終了試験をうけました。




試験では、1000字のレポートを書くのですが、1教科5設題あります。どれがでるかはテストが始まってからわかります。




最後の試験だし、1月で受からないと卒業が1年のびちゃうし、今回はヤマをかけるのはやめて全部勉強しました。5本のレポートを書いて、カンペキに暗記していきました。




で、試験がはじまり、試験官が「①」という紙をあげました。設題1番という意味です。




「ああ、『グローバル社会とは』という設題だ。一番簡単。楽勝楽勝!」と思い、テキストを開きました。テキスト、というのは科目名と設題が書いてある本です。すると、みたこともない設題が書いてありました。設題①「国際社会と国内社会の違いについて」となっています。




何がおきたか把握するまで3分。固まりました。そこでハタと気づきました。私が準備してきたのは去年の設題でした!・・・ハハハ・・・ガーン。ありえな~い。




ふだんならここであきらめます。でも卒業がかかった試験です。今月受からないと1年のびます。1年分の学費が引き落とされます。できればそれは避けたい。それに「国際社会と国内社会」というテーマ。なんとなく知らなくてもかけそうな気もします。試験はじまってから何書くか考えるなんて前代未聞ですが、やるしかない。




そこで、周りの人たちの鉛筆の音が響く中、目をとじて腕組みをしながら考えました。




平たい文章で、専門用語ほとんどなしで、答案用紙をぜんぶ埋めました。隅っこの方に「間違えて昨年の設題を勉強してきてしまったのでアドリブで書きます」と言い訳しておきました。




「Cでも受かればいい」と思いました。「今年卒業します」と年賀状に書いたものの、本当に卒業できるのかどうかわからないままでした。そして待ちに待った結果が昨日届きました。




合格。しかもなんとA!ありえな~い。




テストの結果を知らせてくれた母が「言い訳を書いたから同情してもらえたのね~。いい先生ねぇ~」と、心底喜んでるんだけど、妙な喜び方をしていました。ハハハ。




なにはともあれ卒業です。うれしいです。
ご心配してくださったみなさま、お世話をおかけしました。ありがとうございました。

近況です

昨日は仕事のうちあわせをかねて、松本東洋さんをたずねました。うちあわせの合間、みんなで伊豆高原の海辺にある無料の小さな天然温泉にいきました。並んで海をみながら足湯して、なごみました。



ぬるめですが、足湯には最高なので、お近くをお通りの際はぜひどうぞ。


伊豆高原で足湯







近況です

このあいだ、Rumichiさんが中心になって、ブログつながりのお友達と一緒に、みんなでうちに遊びに来てくれました。私はふだんおうちでじっとしてるタイプなので、いちどきに大勢の方とお会いするのは久しぶりで、なんだか街に出たような新鮮な気持ちになりました。




この時のことをみなさんがそれぞれのブログで書いてくれました。





アマンさん


yokoさん


パステルクローバーさん


らる~さん


Rumichiさん


nagiさんは、ブログはお持ちでないのですが、らる~さんによる、nagiさんのタロットリーディング体験談はこちらです。




初対面の方もいましたが、みなさんそれぞれ個性的で、いままでの人生のお話を聞いているだけで、驚いたり笑ったり、感慨深かったです。




終わったあと昼寝をしたら、夢をみました。鮮やかな黄緑の、切り絵のような曼荼羅が、幾重にも重なってゆっくり動いていて、その奥行きが深い宇宙になっている、神秘的な夢でした。すごくきれいでした。これは私がその日受けとった印象なのだと思いました。



今日の悲しみ

今日、『ボンビーメン』の最終回を録画しておいたのね。
でもさっきみたら、なぜか映像だけうつってて、音声が入っていなかったの・・・ウルウルガオ~。
結局、番組のページでドラマのストーリーを読みました。


現実をうけいれる

私はまえに、置かれた自分の状況を受け入れがたいときがあって、あるときふと、「一度も受け入れてなかった」ということに気づきました。




「あの時こうしてたら」、というのは[過去の分岐点から始めたい]ということで・・・、「いつかこうなったら」というのは、[架空の人生から始めたい]ということで・・・、どちらも今と非連続です。




今と非連続の世界を想って今を否定して、それで今ここでどれだけの力をだせるのだろうと思いました。本当に今をひきうけたときに出せる力とは違うのかもしれないと思いました。




自分が置かれていた状況はあきらかに「失敗」で、「成功」「幸せ」という定義とかけはなれていても、その定義は概念、イメージ、幻です。その幻が自分を進めなくさせています。




そういうとき「現実」を受け入れるっていうのは最悪にネガティブなイメージだけど、ほんとうに現実を受け入れるというのは、「現実」という悪い想像の先にある暗い一生しかもう自分には残されていないのだと絶望することではなくて、現実はその悪い幻とは違うんだとわかるまでそこにいるということでした。死ぬと思ってたのに生きてた、みたいな。何度でももう一度心をひらいて、気づいて、想定をこえてうけとることです。




幻をこえていくために、ただプロセスを丁寧に歩くだけでよかったのです。どこであれ、このプロセスが連れて行ってくれるところへ行こう、と思いました。




現実を受け入れるというのは、決して予想しなかったところに光がさしていることに気づき、想像だにしなかったルートで、昔望んでいた幸せに到達している自分に気づく過程なのかもしれません。







サイト紹介

メルマガで紹介されていたサイトが面白かったので、引用します。



「環境尺」のウェブサイト版「e-デジシャク」のアクセス数が 約1カ月間で4万5000件を超える人気となっているそうです。



 このサイトは2006年に岩手県職員が開発した型紙から作る アナログ版「環境尺」をデジタル化したもので、県資源エネルギー課が地球温暖化防止を目的に昨年スタートしたキャンペーン「いわてCO2ダイエット大作戦」のコンテンツの一つとして制作したといいます。



 「環境尺」は日常生活で消費する電気やガソリン、ゴミなどをCO2の排出量に換算するもので、車の走行やゴミの焼却から暖房器具、照明器具、テレビ、AV機器、冷蔵庫などの家電製品を使うことでどれだけのCO2が日常生活の中から排出されるかが数値でわかるほか、テレビをつけている時間や1本の杉の木が吸入するCO2の量など、一般にもわかりやすい具体例と見比べられるようになっているそうです。



 デジタル版となったサイトでは、さらに生活全般のCO2排出量をシミュレーションする仕組みやエコクイズなど、コンテンツとしての魅力を新たに加えられているといいますから、ご興味がおありの方は是非見てみてくださいね。




引用元のメルマガ
日 本 一 の 大 金 持 ち の 教 え  第695回  2008/02/26
【発行者】 大空ゆうき
【登録・解除】 http://www.mag2.com/m/0000117633.html

コメントについて

このごろ、あたらしい記事をたてると、自動的にスパムメールみたいなコメントが入るんですよね。気づいたらこまめに削除するので、みなさまご覧になっていないといいのですけれど、禁止ワードを設定しただけでは、なかなか防ぐのが難しいみたいです。それで、いただいたコメントにたいして、「管理人の承認後掲載する」という形をとるようにしました。これは、みなさまからいただいたコメントを検閲しようとしているのではないので、お気になさらずコメントしてください。よろしくお願いします。

パン屋さん貸し店舗のご紹介

知人が、パン屋の店舗の借り手を募集しています。
こちらの店舗情報にご興味のある方は楡の家の田原さんにご連絡ください。


場所:青梅市河辺駅前(駅のロータリーにあります)
家賃:月15万円(+敷金15万・礼金15万)
通常1000万以上するパンを焼く機械がついています。
日に5万ぐらいの売り上げがある地域だそうです。



パン屋3




以前、このパン屋さんの空き店舗情報をわたしのブログに載せて
それを見て借りてくださった方がいました。
その方は3年間がんばって故郷に石窯パン屋を作る資金をためたそうです。
すごいですね。よかったです。
私も一度うかがって、パンを買いました。



パン屋1















プロフィール

ユーリ

Author:ユーリ
新宿区中落合でヒプノセラピーをしています。

カレンダー
02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。