家族の問題

家族の願いを尊重したいけれど、家族に正しい判断力がないことが明らかな場合、自由意志をどこまで尊重すべきか迷います。







そのような場合、状況把握と正しい判断ができるメンバーが決めるしかありません。







家族の願いに反しても、最終的に全員にとって何がよいかを自分自身が考えて貫くしかない時もあります。







かといって家族にとって最終的に何がよいか、自分にわかるはずもありません。







専門家と連携して枠組みを作るのだからそうそう偏った判断でもないとは思うけれど、それでも迷います。







専門家は確率が多いパターンや展開を知ってはいるけれど、このケースの場合はどうなのだろう。







ひとつひとつのケースは常に新しく未知の体験です。







家族の性格を、願いを、専門家はわかっているだろうか。大切に扱ってくれるだろうか。







あれこれ考えても、結果的に何がよかったかなんて結果をみなければわからないこと。







今わかるはずがありません。






それでも今、進めなければならないからジレンマを感じます。







そんなとき、覚悟しなければならないことは







どのような決断も、単純に「これでよかった」と大満足できる類の場面ではないこと、







どのみち「これでいいのだろうか」と迷いながら決断せざるをえない場面であること、







行動を起こしてすぐは「これでよかったのだろうか」悔いるものだということ







それでもこのままでいられるタイムリミットがきているから、とりあえず枠組みを作るしかないこと。







今までのあり方はもう十分やってきた。







今までのあり方で引き出せるよい可能性はかなり、十分なほど、引き出せたはず。







それでもまだ課題が残っている以上、今までのあり方を続けるよりは、よいかどうかわからない新しいアプローチをした方が、問題が減る可能性が高いのではないだろうか。







少なくとも環境を変えれば問題が動くだろう。







「後悔は後からしよう」とでも思わなければ踏み出せない。







あとから考えれば「馬鹿だったな」と思っても、今わかる限りにおいて、よりよく生きる可能性を真剣に考え進むしかない。







神さまにしかわからないことは神様に任せよう。







やってみて、進んでみたときに気づいたことは、気づいたその時、そこから変えられる部分を変えていこう。










ヒプノ体験談

ヒプノセラピストのマサコさんがヒプノの体験談を書いてくださいました。







マサコさんのブログ「聖なる樹のヒプノセラピー物語」の中の


2011年8月15日の記事「第3章(4)~2度目のヒプノ体験


2011年8月16日の記事「第3章(5)~輪廻転生


2011年8月17日の記事「第3章(6)~お兄ちゃん


2011年8月18日の記事「第4章(1)~再会







です。

08/18のツイートまとめ

youly3939

愛をもって出会っても決別することはありますよね。宇宙で何かを押せば反対方向に進むように、別れと共に、互いが相手に投影する、自分の内にあるものときっちり決別し、前進する覚悟・決意ができるなら吉といえます。愛の結果として祝福し見送ります。改めず戻って繰り返すなら嗜癖であり凶でしょうね
08-18 19:39

間違ってどこかを押したら、今まで私に対していただいていたであろうツイートが出てきました。初めて気がつきました。申し訳ありませんでした。ツイッターの使い方が、記事の書き込み以外はよくわかっていないので気づかず失礼なことをしていることも多いと思います。どうかお許しください。
08-18 19:58

08/17のツイートまとめ

youly3939

精神世界では病の原因は心といいます。過去に対して因果律を語ると罰のように聞こえますが未来に対して語れば力になります。驚くと心臓がバクバクし怒れば血圧があがるように心身が連動しているのは事実です。穏やかで健やかな心の方が自然治癒力は増すでしょう。未来のために心を変えていきましょう
08-17 19:20

歩ける範囲にお母さんがいるから、赤ちゃんはチャレンジと喜びを通して歩く力を身につけます。歩ける範囲をはるかに超えたところで待っていたら赤ちゃんは無力感と諦めを学ぶでしょう。目標やアドバイスを伝えるときは、それが正しいということプラス相手から遠すぎないよう心がける必要があります。
08-17 19:43

08/08のツイートまとめ

youly3939

バイクと車、片方しか乗らない人は、自分側の立場しか知らないので「自分は普通に走っているのに相手が危険運転した」と感じます。両方乗る人は、それぞれの立場・文脈・傾向がわかるので対策がたてられる。最も事故がおきにくい。否定する相手と似た行動をしている自分に気づいたときはチャンスです。
08-08 15:56

フューチャーズキッズプロジェクトのビデオクリップ

知人から、以下のメールが転送されてきました。




いつもお世話になっております。

ケニヤの石川和博です。
突然のメールで失礼します。
いつもお世話になっている皆様に限り限定でお知らせをメールをBCCで送信させていただいております。


東日本大震災で被害にあわれた方々に、このビデオを見て少しでも元気になっていただきたいという願いを込めて、曲をyoutubeにアップロードしました。
この曲は、私がボランティアで活動させていただいている、フューチャーキッズプロジェクトのビデオクリップです。
子供たちの元気な歌声をお楽しみください。
スラム貧困のドン底にあっても子供たちには、夢を抱いて育ってもらいたいと思ってます。
ビデオクリップには、小さな子供に混ざって大きな子供も歌っていますが、この子たちは長年、音楽教室に通って来ている子供たちです。
10年近く通っている子供もいて、スタッフのカウンセリングを受けてみんなずいぶんと大きく立派に育ってきました。
彼らは、フューチャーキッズプロジェクトの奨学金で高校や職業訓練校に通っています。
小さな子供たちの多くは、家庭に食べ物が無いのでいつも栄養失調です。
貧困のため給食代が払えない、制服や文房具が買えないなど小学校に通うことができない子供が多く、残念な思いを背負っている子供がたくさんいます。
そんな中、毎週土曜日の午後に開催されるフュチャーキッズプロジェクトの音楽教室は、子供たちにとって、おなかの底から声を出して歌い、お腹いっぱいご飯が食べられて幸せな気持ちになれる楽しいイベントになっています。




曲は、ケニヤのヒップホップで、ビデオの長さは約2分です。
歌のタイトルはスワヒリ語でMbuta na Omenaで、Mbutaとは、ナイルパーチという大きな魚で、Omenaは、淡水イワシで小さな魚です。
要するにタイトルの意味は、大きな魚と小さな魚という意味です。
作詞作曲は、ダグラス ワキウリさんです。ワキウリさんは世界のマラソン大会で金メダルを多数受賞。
それにソウルオリンピックのマラソンでは、エチオピアのデンシモン選手とデッドヒートの末、銀メダル受賞。
オリンピック放送のインタビューでは流暢な日本語で答えていたのでビックリした方も多いかと思います。
当時は、ケニヤ人で日本語をしゃべれる人は珍しかったんですね。
ワキウリさんは近年、ケニヤの若い選手が世界に出られるチャンスを増やそうとい目的で地元ナイロビでソトコトマラソンを主催しています。
コースは、毎年キベラのすぐ近くを走ります。日本からQちゃん(高橋尚子)が毎年応援に来て下さっています。
キベラの子供たちもワキウリさんの好意で子供マラソンに出場させてもらっています。
そんなワキウリさんが子供ために作曲してくれた元気が出る1曲です。




子供たちの元気な歌声を一度聞いてみてください。 


きっとあなたも元気が出ますよ。。。


石川和博
フューチャーキッズプロジェクト

07/31のツイートまとめ

youly3939

原発問題に関するツイッター規制について、弁護士連合会が反対表明を出しました。http://t.co/4iasy6A
07-31 10:51

衆議院厚生労働委員会で、アイソトープ研究所の児玉龍彦(参考人 東京大学先端科学技術研究センター教授 東京大学アイソトープ総合センター長)が参考人として説明している画像です。http://t.co/Oz4H5Ta
07-31 11:00

プロフィール

ユーリ

Author:ユーリ
新宿区中落合でヒプノセラピーをしています。

カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索