スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心のチューニング

眠っているときの夢の世界と、いわゆる現実と呼ばれている世界。







いわゆる現実の世界では、歩いていくと別の世界に出会います。いっぽう夢の世界では、歩いたり電車に乗ったりすることで行く場所がガラッと変わることはあまりなく、同じようなことが続きます。







つながる世界を変えるラジオのつまみにあたるものは自分の心です。







夢で、どういう世界にチューニングするかは、無自覚な領域を含む自分の心のありようによります。







夢の世界・心の世界は、自他も時代も超えているので、ネガティブなところにハマッてしまうと、上には上・下には下がいて、どんどん突き進めてしまうものです。







それが人間に創造が許されているということなのかもしれませんね。







ネガティブ・ポジティブ、それぞれのワールドは価値として等価なのかもしれません。生命だから若干ポジティブよりな傾向をもつだろうけれど、それは水の中で全身の力を抜けば浮くというような微細なエネルギーで、人間の意識の力の方が濃いから、人間の意識の方が勝ってしまいます。







日ごろから内面に聞く耳をもっていない人は、放蕩息子のたとえ話のように、死の淵を歩くような境地にならなければささやきに気づかないくらい、生命のポジティブな影響力はうっすらとしたもののようです。







スピリチュアルなことに関わっている人は、心の世界には現実の世界のような壁や鍵がないから、他者からの念が来ることを体験的に知っています。意識のチューニングが命運を分ける鍵になることに早く気づきます。







地獄のような世界と天国のような世界のチャンネルを切り替えて自由に移動できるようになることは、より上級者の技であり、初学者にとっては天国のような世界にしかチューニングしない心になることが必須課題です。







たとえば越智恵子さんが講演会で「すべてはうまく行っている」と歌いながらカニ歩きさせたり、パッチアダムスのような格好をしていますが、それは人の意識を変えることでチューニングする世界を変えるためだろうと思います。






宗教界でも如来や菩薩やキリストやマリア様を念じさせることが安全弁になっています。







仏教由来の心理療法である内観療法では、自分がこれまでの人生でしてきた「嘘・殺し・盗み」について振り返ります。実際に人を殺した人は少ないですが、ほんの一瞬持った破壊的な念も含むとすれば、殺しのエネルギーを作ったことがある人は多いです。







盗みも、実際の泥棒だけではなく、親の財布から小銭を取ったこと、盗み見・流用・利用も、ふと思った企みで行動にうつさなかったことまで含みます。自分の気持ちに嘘をついて合わせることも嘘になります。







「嘘・殺し・盗み」はの反対語は「誠実・生かす・与える」。







「嘘・殺し・盗み」の波動を消し「誠実・生かす・与える」波動だけ残すことは、心のチューニングを特定の方向に位置づけるための方策ともいえます。







眠っているときの夢の世界は、白昼夢の世界でもあり、イメージの世界であり、印象の世界であり、感受する心すべてとつながっていますので、起きているときの心の世界も夢の世界と地続きです。







幸せ感・満足感・インスピレーションは心で感受するものですから、幸福に大きな影響を与えているといえます。







また、夢の世界ではカルマの法則が働いています。







いわゆる現実の世界ではカルマの法則など働いていないように見えても、夢の領域では働いています。







といいますのは夢は自他の境がない世界で、夢の中の他者は、自分の心の中にいる人、つまり自分自身だからです。







聖者も悪人も自然物も自分の心の一部、サブパーソナリティです。







夢の中での自分と他者との関係は、自分の一部と一部との関係をあらわしています。







では、起きた状態で目を閉じて、思い浮かべる他人はどこにいるでしょうか。







やはり自分の心の中にいるのですね。







思い出の人は?やはり自分の心の中にいます。







思う心の中にいる人は、すべて自分のサブパーソナリティといえるのです。







誠実であること、生かすこと・与えること・許すことが大事だというのは、自分が夢の領域で自分に対してすることになるからです。







だからカルマが働きます。







よく「よいカルマを積む」といいますが、私の考えでは、いわゆる現実の世界で形ばかりの行為をすることで達成できるものではなく、夢の領域まで変わることがポイントになります。







夢にあらわれでるほどの印象深い大きなことを単発でするか、夢の領域が変わるくらい小さいことを積み重ねて習慣化するかのどちらかが有効です。







夢の領域が変わったかどうかを目安として考えれば、自分で良いカルマを作れたかどうかを確認するための物差しにできます。







そして夢の世界が変わったと思えた場合、それが現実にどうあらわれるか、幸せ感や満足感やインスピレーションが増えるかどうかを確認すれば、夢の世界の影響力を自分で確認できるようになります。







ぜひお試しください。







スポンサーサイト

04/03のツイートまとめ

youly3939

2012年03月08日にドイツで放送された、ドイツ国営テレビ放送ZDF「福島の嘘」の日本語字幕付きの映像。http://t.co/etVivwrx
04-03 16:20

プロフィール

ユーリ

Author:ユーリ
新宿区中落合でヒプノセラピーをしています。

カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。