スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生がグル(導師)だから

人生がグル(導師)だから、私たちが「こここそ神聖な場所」「この人こそ神聖な人」と思った場所や人との関係で、私たち自身にとって神聖な学びが起きやすくなります。

つまり、私たちが今までのレベルからさらに一段あがらなければ解決できないようなひどい問題が起きる可能性が高くなります。

今までの自分のパターンを繰り返すなら被害者意識を深めるような、自分の許容範囲を超える問題が起きやすくなります。

私たちがその場所や人を心底大切に思ったからです。

そしてこの問題によって私たちが気づくかもしれないことがとても大事で神聖な気づきだからです。

私たちがやがてなるであろう究極的な神聖な自分自身と、現在の自分との差を縮めるような出来事が起きます。

今までの反応のパターンとは異なる認識や対応が、問題解決あるいは問題の緩和という点でも、正しい方向性となる可能性があります。

スポンサーサイト

人生がグル(導師)だから

人生がグル(導師)だからこそ、大事なのは経験から学ぶ姿勢を保つことで、そのために必要なあり方があります。それは


自分が感じていることに嘘をつかない

自分の頭で考える

言ってることとやってることを一致させる

自分が大事だと思うものをちゃんと大事にし続け、そのために有効だと思ってした行動が本当に有効だったのかを検証し、有効でなければ、自分のやり方•考え方のどこを変えるべきなのかを考えてちゃんと結論を出すこと。

言うこと•やることを変えるなら、過去の自分の考え方や生き方との整合性を考え、なぜ今までそうしなかったのか、なぜ変えるのか、なにがわかったのか、理由を明確にする

その理由は、人に言えば通りそうな言い訳ではなく、宇宙や自分に誓えるような、嘘やごまかしのない理由にする

誰かの言うことを聞く場合でも「人がこう言ったから」「みんながどうだから」というような責任逃れをせず、従うなら従うなりに自分の選択として、自分が許容した範囲において従い、なんとなくの流れで自分が決めた範囲を超えない

生き方を変えないなら、なぜ変えないのかという理由を明確にする。単に習慣という理由で、頑迷でやみくもなロボットみたいな生き方をしない。

自分なりに筋を通した、自分に対して恥ずかしくない生き方をする

自分の中でわいた疑問に答えを出すまで考える

自分をも修正の対象とするような大事な価値観を持つ


そういった態度があれば、スピリチュアルな知識を知らなくても、特段頭がよくなくても、成功や挫折や出会いや別れといった体験を通じて、人生というグルは、何を変えるべきかを私たちに教えることができます。

いっぽう、たとえスピリチュアルな知識があっても、ただなんとなくの流れで生きていたり、忙しさにかまけて気になっていることをおざなりにしたり、体裁ばかり気にして、あるいはどうせ無理だと諦めて自分の本心を見て見ぬふりしたり、周囲の人の価値観や専門家の発言を鵜呑みにして右へ左へ動いていたら、何が起きても、体験から何を学ぶべきかがわかりにくくなります。

スピリチュアルな知識がなくてもいい、途中どんなに間違ってもいい、単純でも「こう思った。だからこう生きた」「こう願った。だからこう生きた」といえるような生き方をして、整合性を確かめながら、起きた出来事から学ぶ姿勢を保てば、人生というグルの導きによって、必要なタイミングで必要なことを学ぶことができます。


プロフィール

ユーリ

Author:ユーリ
新宿区中落合でヒプノセラピーをしています。

カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。