スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

因果の時間軸

私が、自分の指針としているスピリチュアルな考え方があります。それをうまく説明できないので、あまりちゃんと書いてこなかったのだけれど、やっぱり書きたいなと思い、トライしてみます。

幼い頃に望んでいたことと、10代、20代で望むことと、40代、50代で望むことと、70代、80代で望むことは、違っていることが多いと思います。

それぞれの年代によって、正しいと考えることも違っていることが多いと思います。それぞれの年代によって、抱えている問題も違います。

それぞれの年代の自分は、置かれている環境や、抱えている問題や、願っていることがまるで「別人」みたいに異なっているのですが、それでも原因と結果の法則が働いています。

たとえば私は6月生まれで、小学校のクラスの中では成長が早かったため背が高く「ちゃんと食べないと背が伸びないよ」と親に言われても「いいもん」と言って食べなかったのですが、その後周りの子たちは背が伸びて私は相対的チビになり、高校生の頃になってあわてて背が伸びる本を買って読みましたが何をやっても全然伸びませんでした。その後もずっとチビのままです。「小学生の自分」だけが原因を左右できたのであり、「大人になってからの自分」は、その結果を負うしかありません。

たとえば、暴飲暴食した結果体を壊すとします。「暴飲暴食しているときの自分」と「病気になった自分」は別人のように考え方も願いも環境も違うことでしょう。そして「病気になった自分」には選びようもないことを「暴飲暴食しているときの自分」はまだ選択しうるわけです。

しかし「暴飲暴食しているときの自分」も大変な中で頑張っていて好きな物くらい食べなければやっていられない気持ちなのかもしれないし、つきあい上致し方ないと考えているかもしれません。当人からすれば自然で当然のことなわけです。

もしも「病気の自分」と「暴飲暴食している自分」という、別人みたいな自分同士が直接会ってよくよく話し合えば、暴飲暴食以外のストレス解消法や人とのつきあい方を工夫することができるかもしれませんし、その結果「病気の自分」は楽になるかもしれませんが、過去の自分と未来の自分が会う機会はほとんどありません。

さて、過去の自分の選択が未来の結果につながることは、まだ自己責任として引き受けやすいですが、この原因と結果の法則というのは、過去世の自分と今世の自分にも働いているとスピリチュアルな世界では言われます。過去世といっても感覚としてあまりピンとこないですが、過去世の自分は、今世の自分の、ふとしたときにあらわれる性質や選択につながるので、過去世という概念を外して「あるときに出る自分の性質に基づく選択」がある問題の原因になっていたり、問題解決や願望達成を遅らせる要因として働いているかもしれない、と考えておきます。

過去世の自分が今の自分の性質として潜在的に残っていて、ふとした瞬間の性質や選択としてあらわれるということは、今世という枠組みの中では、未来と過去が逆さまになることもありえるということです。未来の自分の選択(の元になっている意識)が過去の自分の問題を作っているかもしれないという捉え方なのです。

たとえば、子どものときに児童虐待を受けたから(原因)、親になって児童虐待をするようになった(結果)というのは通常の原因結果の考え方ですが、時間軸を自由にすると別の捉え方もできます。

生まれつき潜在的に養育的な親子関係という資質を内在的に持っていない(原因)、よってのちのち児童虐待する可能性がある自分だから(原因)、親に恵まれず酷い目にあったのかもしれない(結果)。

こう書いてみるとひどいことを言っているような気もしますが、このような因果論は、あくまで自分が自分に対しするもので、環境や健康に恵まれない人を他人がジャッジするために使う理屈ではありません。そう考えてみることで前向きな姿勢を保ちやすくなる場合のみ、そう考えてみればよいのです。

通常の時間軸に沿った因果論だと、当事者は、自分が幼く無力なときに親という本来自分を守り育むべき存在が人生をメチャメチャにした。その結果、自分は望んでもいない児童虐待をするようになってしまった、という被害者意識や無力感に陥ったり、被害を受けたことを自分が問題行動を続けることの正当化の理由に使ってしまうかもしれません。

原因と結果の時間軸を自由にすると、これからできることがあるとわかります。「子どもの立場で辛かったから、大事なことは何かがわかる。大人になった自分は、たとえそれがどんなに自然で正しいことのように思えても、別の選択をしよう、カルマを超えて養育的な親になり、よりよい親子関係の因果を作ろう」と決めることができます。被害者意識や無力感に陥らず、よりよい選択をし続け、誰かが変わってくれることや運がよくなることなど小我の自分にはどうにもならないことをただ待っている無駄な時間を過ごすことから解放されます。自分にコントロール権が戻ってきます。

注意すべき点は、どの自分も自然にそうなっていて当たり前だと感じること、別の時代の自分とは願いや関心事が異なっていること、よってリアルタイムでは気づきにくいという点です。

それをわかっていれば、今の自分の感じ方や生き方が自然で当然と思っても、立ち止まって考えてみることができます。「このことが何を生み出すだろうか」「今の自分のあり方が何かの原因になりうるだろうか」と自問できます。

また、過去や未来の自分と直接会うことは普通はありませんが、今の自分•過去の自分•未来の自分に似た人とは会う可能性、印象深く感じる可能性は高いです。

「どの時代も自分は正しく人が間違っていると感じやすい」ことを踏まえていれば、人の言動が理解できなくて、すごく間違っているように見えても、ひどい対応やジャッジは控えるようになります。

さまざまな時代の自分と似た人に出会うことをわかっていれば、自分がジャッジした相手を思い出して、ジャッジした観点から自分自身を点検することもできます。

「時代によって願いが異なること」を理解していれば、人の願いが自分の関心事と違ってもあまり無下にせず、可能な範囲で手助けしようと思えます。

あと、自分の願いが達成されそうになる直前とか、達成された後に、どうでもいい気分になってやめたくなったり、それを大事にしないような性質が出てきやすくなることがよくあるのですが、それは自分の中に潜在している「さまざまな自分」の考え方や願いが異なっているからで、それが「ひとりの自分」の願いが叶うことを阻害する要因として働くからで、引き戻しは当然起きるものなのです。

そういうときも上記のことを踏まえていれば「これこれ。これだからあの時あんなに難しかったんだ」と思って、意図的な選択をし直すことができます。

大きなことを成し遂げるには、さまざまな自分が一貫していることが必要です。そのときどきでバラバラのことを願っていたら大きな願いは達成できません。たとえば日本からアメリカに向かって航海していた船が、途中数日ごとに進路を変えていたら同じあたりをぐるぐる回るばかりで、沢山燃料を積んでいても、どこにもたどり着かずに燃料を使い果たしてしまうでしょう。本当に達成したい願いがあるならば、どの時代の自分もある程度一貫した選択をし続ける必要があります。

何かが叶わないとき問うべきことは、自分のどういう部分を変えるべきか教えてくださいという問いです。「さまざまな自分」の願いがどのように干渉しあっているかを理解して、再選択することが必要です。

上記のような考え方は、他人や環境のせいにすることなく長い時間軸のの自分を統合しようとする考え方で、自分自身を「選択しアファメーションし続ける存在」として規定し、一貫した地道な努力をコツコツ積み重ねていく姿勢を維持していくことに役立つ考え方です。
スポンサーサイト
プロフィール

ユーリ

Author:ユーリ
新宿区中落合でヒプノセラピーをしています。

カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。