スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親の言葉と真意のズレ

親子関係のすれちがいの原因のひとつは、本当の思いや望みが伝わりにくい言葉の表現だと思います。


たとえば親が「お前たちのためにがんばってるのに感謝がたりない」というとき、心で感謝するだけではなくて、表現してもらうことを求めています。親も家族関係への夢があったし、家族といて幸せを感じたい、愛されているという実感がほしい。話しかけてもらいたい、優しくしてもらいという気持ちがあります。でも「感謝しろ」と言ってうっとおしがられ避けられたら、望みとは真逆の効果です。


「あなたを育てるために不自由をしのんできた」と言うとき、親の真意は「ほかのことを犠牲にするほどあなたは大切でかけがえのない存在なんだ。「ありがとう。大好き」と努力を認めてほしい。この愛を糧に前向きに生きてほしい」という願いかもしれません。でも子供が親の発言から感じるのは被害者意識や恩きせがましさ、結婚や育児への悪いイメージだったりします。「自分がいなければ親は幸せだったのかな」「生まれなきゃよかったのかな」「親のような人生は送りたくない」と思われたら本末転倒です。


お金を使うことをグチグチ言うとき、親は不安なのかもしれません。給料と生活費を計算しては頭をかかえ、将来への不安でいっぱいのとき、お金に無頓着な子供に感情的になってしまうのでしょう。「心配なんだね。節約するよ。働いたらお金入れるね」と言われたら安心するでしょうが、そんな反応はふつう無理で、「いちいち文句言うんだもんな。早くでていきたい。バイト代で払えば文句ないでしょう」と反発されてしまうかもしれません。


フリーターをしている子供に親が「ちゃんと働け」というのは「ちゃんと見返りのある、自分にとって得になる働き方をしてほしい」という意味であって、「あなたはちゃんとしていない」とか「バイト先でまじめに働いていない」という意味ではありません。


「この先どうするんだ」とか「はやく結婚しろ」というのも不安からです。宝くじが当たったとか大儲けしてるなら言わない。自給自足の村で一族ずっと一緒に暮らしていけるなら言いません。安全で幸せを感じながら生きてくれれば、ほんとうはそれで十分なのだけど、それがけっこう難しくて沢山の条件が必要だと思うから、子供をせかしてしまうのでしょう。でも子供が受け取るのは「お前はできそこないだ」というメッセージかもしれません。「自分は人間失格で、存在しないほうがましなのだ」とか「親は私を嫌いで、私がいるのが迷惑なのだ」と思われたら逆効果です。親に認めてもらえないことで自信を失って社会にでるのが怖くなってしまったら逆効果です。



自分の本当の思いをなるべく正しく伝わりやすい表現で言えたらお互いの辛い思いはへるのかもな、と思います。でもそうできないことも致し方なくあるのだろうな、と思います。「バウリンガル」があったらいいなぁ、と思います。



コメント

Secret

追記。書いていて明らかなのは、私たちが進む道を本当にさえぎろうとする権力などは存在しなくて、安全を願う不安な気持ちが行く手をはばんでいるのです。反対する人の真意を理解すればするほど、わたしたちはその通りに生きなくてよくなります。超えていく準備ができてきます。不安はそれなりの根拠があり、無視すべきではないけれど、不安につきうごかされて、確かともいえない安全の可能性を求めるだけでよかったのでしょうか。子供は、親の思うとおりにならなくてよいのです。過去にもとづいた判断ではなく、本当に新しいものにたいして心をひらいていいです。親もまた愛する子供によって、思い込みの世界をひきさかれ、心をひらいていきます。

ユーリさんへ

そうそう、その通りですね ( ̄  ̄) (_ _)んだ
全ては親と自分との、受け取り方の違い。。。
私なんかも、することなすこと全て「あんたには出来ないよ」と否定され続けてきた、と
そんな風に受け取っていたのですが
ふと母親が「あんたが一番かわいかった」と言うたのですよ
「は?」 でした
お互いが、スレ違いがなくなるまで
じっくりコトコトと煮込みハンバー・・・ちが、
じっくりじっくりと、一旦、全てをサラにしてリラックスして話し合うっていうのが
一番良いのかもしれないですね♪
(「いつも、こうだ!」と、聞く耳持たなかったのは私ですが! ^^;)

先日、近隣で開催されたスピコンへ行ってきました
どのブースも激混みだったのですが、ぽっと席があいて劇的に座れたのが
んふふふふ~。。。なんとヒプノブースだったのですよ
なんだかとっても、ヒプノと縁が深い私、みたいです☆
ヽ( * ̄▽)人(* ̄▽ ̄*)人(▽ ̄* )ノ

∞月のしずく∞さん、コメントありがとうございます。否定されてきたのに「一番かわいかった」ってびっくりですね。スピコンのヒプノはどうでした?絵文字かわい~、次のコメントに使わせていただきま~す。

大切なこと

ご無沙汰しています。こちらでは初めましてですが1月にセッションしていただきました。『つっこみキャラ』持ちです。(わかりますか?)
母親と自分の関係・母親としての自分と息子との関係、親子というだけで伝え方を端折ってしまったり勝手に思い込んでしまったり・・・
ユーリさんの言葉はいつもわかりやすくてPCのこちら側で赤ベコのように何度も頷いています。

kolibriさん、コメントはじめまして。「ぼけつっこみ」で思い出しました。そのせつはありがとうございます。家族関係は壮大なテーマですよね。親子でも「あいのり」の告白みたいにいきさつや結論をとつとつと順序だてて言えれば、思いの丈はだいぶ伝わるかと思います。でも相手が最後まで聞いてくれるかどうかはわかりまへんね。相手もはしょってますからねぇ。
プロフィール

ユーリ

Author:ユーリ
新宿区中落合でヒプノセラピーをしています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。