最力通告

昨日テレビを見ていたら、箱根駅伝予選会のニュースがやっていました。個人優勝した山梨学院大のモグスは、ケニア人留学生で、チームの大黒柱。前回大会では失速して、チームは敗退、モグスは走り終わったあと運ばれながら泣いていました。「今までで一番惨めだった」と悔し涙したそうです。チームのみんなに応えるために、悔しさをバネに、モグスはその後毎日30キロの走りこみをしました。本番20キロの1・5倍ですよね。「予選会から全力で行く」という宣言通り、大会記録を21秒更新して新記録を出しました。チーム全体でも4位で予選通過したそうです。




今までで一番惨めな結果から、がんばれるんですね。偉いですね。ふと「最力通告」という言葉が浮かびました。勝手な造語です。最後通告っぽいけど「がんばれよ」ふうの意味です。




モグスの話とは違いますが、人って、恵まれた環境でいても、不安や自己嫌悪でうずくまることがあります。これ以上環境が整えばいいという状況ではないのに頑張れないことがあります。寝ていても気持ちが変わるわけはなく、行動しなければ状況は変わらない、状況がよくならないまま時間がすぎていけば、当然気分はさらに悪くなり、さらに将来が怖くなって、さらに逃げたくなるという悪循環になります。




寝込んでいる環境だってみんなの努力や好意でなりたっている無言の応援です。無駄に生きているとしか思えないときだって生き物の命を食べています。それがわかっているからこそ、プレッシャーや自己嫌悪を感じるし、恵まれた環境がなくなる日を恐れ、さらにうずくまるというスパイラル。




考えは自分を追いつめていきます。何歳だから今からでは遅いとか、すでに貫禄ついてるべき年齢のはずだとか、体力なくなってきたとか、もう楽をしてもいい年だとか・・・願望だって、恩だって、ギャップを意識させ、行動を抑制する場合は、役にたってないです。




直面できなくて気持ちを逃がすために、眠りや遊びやお酒、果ては眠りながらするイメージ法でさえ使うことがあります。本来の使い方ではなく、逃げとして使っていたら、本来の力はでません。




たぶん最悪な事態のときに大事でないのは、気持ち的にがんばることでしょう。大きなものに立ち向かうような気持ちのふんばりでしょう。ポジティブな考えでも、力みすぎて続けられなかったり、行動をさえぎるような働きをするなら、縛りです。これは寝込ませる考えなのか、行動させる考えなのか、ということを考えて、寝込ませる考えなら、それが真実であっても、いったんその考えから離れた方がいいのかもしれません。




最悪な事態のときに大事なのは、今日の分だけ練習メニューをこなすような淡々としたがんばりです。希望ではなく、必然的・結果的に当然そうなるような行動を淡々と積み上げていくことです。今、何かに逃げようとする自分を逃がさないふんばりだけです。そう限定してしまった方がかえってやりやすいです。




山登りでも「あの山に登るぞ」と意気込んでいるのは登る前と登りはじめだけで、実際登っていくと疲れすぎてなんにも考えられなくなります。ヘロヘロのヨロヨロでも、とりあえず一歩ずつ歩いていくだけで頂上につきます。




「登るぞ」という最初の決意も必要ですし、登りさえすればいい道に乗っかっていればという話ですよね。でもたとえ山で道に迷ったときでさえ、助かるためには上に登るそうです。今いるところにうずくまったり、いきなり里に出ようとしたり、沢を下ったりしないで、あがっていった方が助かるのです。もっている地図やコンパスと風景をてらしあわせて、全体像や現在位置をできるようになるために、とりあえず上へ登ります。わからないからこそ、わかるために、登ります。高いところにいた方が救助隊にも発見されやすくなります。




その知恵は、人生でも応用できそうです。今より一歩あがる方向をめざすこと、壮大な考えより具体的な行動、といえそうです。それが傍から見ると「苦難にめげずがんばった」こと、「恩に報いた」ことになるのであって、「報いよう」としなくても結果としてそうなるだけなのでしょう。




スピリチュアルな世界でも、集中してとりくめばバイブレーションがあがるといいます。自分のバイブレーションがあがれば、周りにある高いバイブレーションが流れ込んで、よい閃きがおきやすくなります。次のステージに行けたりします。人間は発電所みたいに自ら自分で光を発することができる存在なのだな、と思います。


コメント

Secret

拍手

またも、名記事じゃな~!
ふんばり時は特に、日常の一歩一歩を大切にする時だったりするものね。

地道な努力こそが、エネルギーを形に変える魔法の力ですね。

ふむふむ!

迷った時は上を目指すのですね
 
この間「決断」の意味を書いた本があって、その中に
「決断とは決めて断つことで選んだ道を進むと決めて今まであった道は振り返らず、戻らずに断つこと」とありました
ふむふむwと思っていましたが、上を目指すというものと同じような意味なのでしょう^^
目的地までの大きな地図と、目の前の道を照らし合わせて一歩一歩確実に進むことが大切なのですね
ヘロヘロしながらですがwわたしもがんばります~^^

今日も素敵な話をありがとうございます♪
 

Rumichiさん、コメントありがとうございます。この記事書いたあと、やっぱ変だったかなと思って、消去しようかなと思っていたらコメントいただいたので残すことにしました。ありがとね(涙)。地道な努力ね。がんばろね。

ひなひなさん、コメントありがとうございます。ご存知とは思いますがこの記事自分の話なんですよね。レポート書けないスランプ。日々自分が情けない。いやぁ、できたら退路もどりたいと思う日もあったりしますが、戻るより行く方が楽なんで、退路断ちましょう。がんばろね。ゴールは近い。

がんばってふんばって自分を縛って、って、やっちゃいます。
Yoko発電所、この頃素敵なお友達との出会いのおかげで、オーバーヒート&からまわり(得意技だったけど)減っていますよ~~!
またご飯たべたいな~~!

Yokoさん、どうもどうも。友達に恵まれると最高にうれしいし人生観とかも変わりますよね。オーバーヒート&からまわり減れば節電、エコです、時代のさきがけです。
私は今日レポート1教科終わって、開放感でチューハイ飲んでます。
プロフィール

ユーリ

Author:ユーリ
新宿区中落合でヒプノセラピーをしています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索