自己卑下のかわりに感謝を

ちょっと自分をおとしめるようなジョークってありますね。そういうのはTAゲシュタルト療法では精神的自殺といって直さなければならない癖とされています。自分をおとしめることは、結局のところ、自分とみなすものすべて、自分が手にいれたものすべてについての思い癖ですから、家族や環境、恵まれたもの、贈られたものについてまで卑下することになります。自分に命をくれた動植物さんも、自分に愛情をくれた仲間たちも、自分と同化したとたん卑下されるっていうのは避けたいものです。アファメーション的にいってもあんまりよくないのかもしれません。


自己卑下の利点を考えてみると、謙虚であることとか、相手の心をやわらげるとか、差をつけない、などでしょうか。であれば、その利点を達成できる別の方法を探せばよいわけです。感謝はそのひとつでしょう。ほかのものをほめることも同じような働きをするかもしれません。ほかにもあるかもしれませんね。感謝やほめることは、たくさん言ってもよいエネルギーだから大丈夫。というわけで、自己卑下したくなったときは、かわりに感謝を言ってみるのはいかがでしょう。


コメント

Secret

私こそ、それが必要だわ!

あけましておめでとうございます>ユーリさん♪
今年もよろしくお願いします。
自分を卑下する言葉を人前ではく・・・・私は自分への許しをほしくて、言葉ほど卑下していないくせに、言葉は立派に卑下しちゃって、ってこと、癖になっていたことがあります。今はだいぶよくなっているかな?自己卑下の代わりに感謝の言葉を気持こめて言ってみます!ありがとうございます。

Yokoさん、あけましておめでとうございます。なるほど、許しをほしくてというのもあるかもしれませんね。自爆ギャグのかわりに感謝するとしたら、お互い今年は相当アリガトアリガト言う年ですね。
プロフィール

ユーリ

Author:ユーリ
新宿区中落合でヒプノセラピーをしています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索