潜在意識の教え方①

今から10年ぐらい前に、松本東洋さんの誘導で、5年後の未来をヒプノセッションでみたことがあります。



2箇所に留学している場面がでてきました。ひとつはアメリカ、もうひとつはフィリピンでした。



アメリカとフィリピンという国には、自分の中でつながりがないようにみえたし、留学を希望していたわけでもなかったので、なにかのシンボルだろうと思いました。



日本以外ということを示唆しているのかな、と思ったり、何年もにわたってあれこれ解釈を考えていました。



あるとき、アメリカの心理学系大学院の日本校をつくる企画があり「スタッフ兼0期生にならないか」と誘われました。その計画はポシャッたのですが、そのときは「このことだったのかな」と思いました。



また精神保健福祉の勉強のために大学にはいったときは、「福祉が異分野だから留学というシンボルになったのかな」と思いました。



でもあるとき、フィリピンのプラニックヒーリングのセミナーを受けて「これかもしれない」と思いました。留学というのはセミナーのことだったと考えれば、今までたくさんのセミナーを受けた中で、わりと頻繁に使うようになった手法が、フィリピンのヒーリングと、アメリカのデビッドカロフ先生の教えてくれた催眠でした。今はこの解釈で落ち着いています。それでも5年も前にフィリピンとアメリカというキーワードを出していたのはすごいなぁと思いました。



潜在意識は、このように、ほのめかすような教え方をよくします。潜在意識シリーズはまた書きます。







コメント

Secret

プロフィール

ユーリ

Author:ユーリ
新宿区中落合でヒプノセラピーをしています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索