スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『チャクラで生きる』①

『チャクラで生きる』という本に、こういう文章がありました。











「問題は病気ではありません。・・・問題は、病気があなたの内面に引き起こす、力の喪失感なのです」





そのとおりだなあ、と思いました。





状況が変わらなければ、気持ちが変わらないと思い込むことも、私自身多々ありますが、本当のところそうではないことが多いものです。





状況はいっさい変わらないまま、気持ちは変わります。





相手のしたことの意味がわかっただけで・・・
もともとの自分の愛を思い出すだけで・・・
おなじ状況でも幸せに生きた人を知るだけで・・・
親しい人にわかってもらえただけで・・・
覚悟をしただけで・・・





状況的になにも変わらなくても、気持ちは変わります。不幸な感じはしなくなります。状況が変わる前から、前向きな気持ちになれるからこそ、状況を変えられるのかもしれません。





物質は、私たちの心の協力なしに、不幸を作り出す力はないのかもしれません。外にある形に、私たちを不幸にする力は、ないのかもしれません。





とりかえしのつかない喪失を体験すれば「そんなことない」って思うけれど、この先いつか何十年たってでも、気持ちが変わるときがくるなら、状況がもとどおりになったからではないのでしょう。その何十年かの間に、いろいろな体験をして、いろいろな人にふれて、考えたり変わったりしていって、そしてあるとき、新しい視点にたてる。幸せにもういちど心をひらける時がくるということです。痛みを手放して、新しいなにかを受け入れるのにそれだけの時間が必要だったのですよね。





状況=不幸というセットを外してみたら、状況が変わらなくても幸せを感じるために、必要になってくる新しいなにかがある気がします。





今まで自分がしらなかったやり方、考え方、つながり・・・が魔法の杖かもしれません。それがこの問題が、かくしていた宝物といえるのかもしれません。





状況を変えるまえに、あるいは変える努力をしながらでも、今すぐ幸せになる新しいあり方について考えてみるのも楽しいかもしれませんね。










コメント

Secret

プロフィール

ユーリ

Author:ユーリ
新宿区中落合でヒプノセラピーをしています。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。