スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イメージと現実化⑧

内外の事情により、イメージに雑音・ノイズのようなものがあるときの考え方について、友だちにメールで私の意見を話したら、友だちも意見を聞かせてくれました。





邪魔をしているものは単に立ちはだかっているのではなくて、それ以外の要素を指し示す情報の一つなのですね。この観点はとても大切だと思います。ユーリさんが書かれていたように、自分とは違う価値観があり、それを受け入れられないときに見えてくる気がします。私は経験的に何かが立ちはだかった場合、今とっている方法では決して達成できないというサインだと受け取ります。それは時期であったりやり方であったりすることが多いのですが、これに固執すると全然前に進まないので時期の場合だったらいったん手を引き、放っておきます。やり方に問題があるときは今までのやり方を一度手放すように努力します。というのも、邪魔しているものが見えると言う状況は「このままその方法でいくと結果としてこれにぶつかって乗り上げるよ」という風にある意味未来の予知だと思って私は受け取っています。





究極のクリアなイメージは、関わっている他者の深いレベルでの了承が必要で、自分とは違う他者の念が障害になっているときの対処法についてお話したら、私の方法とは少し異なった意見を教えてくれました。





ユーリさんのメールを読んでいて、お互いが一番よいと思える価値観が違うとき、その価値観を折り合うという場面だったらどうなるかなと考えてみました。これはとても難しい場面ですね。でもよくあるんですよね。・・・・・・たとえばユーリさんの例でいうと、業績をあげると言うのが何のためかがぶつかり合っているんだと思うんです。よく生きるために業績をあげるのか、お金を稼ぐために業績をあげるのかが違うとやり方が違ってきますし、同じようなところを目指しているようでも実は全然ちがうところを目指しているんだと思うんですね。 それでは一緒に旅が出来ないと思います。究極的には一緒に歩むべきではないと思うんです。もちろん合意の元に目的地を修正することはありですが。・・・・・・ 相手の価値観を尊重することとは、別にあってもいい(=でも自分はそうしなくてもいい)と言うことだと思うんです。だから案外孤独なんだなあと思います。






違うところを目指している人とはわかれてもいい、という考えもあると思います。





世界では国がわかれ、全面的な交流や統一を避けたから、独自の文化が発達しました。





修道院だって外界との接触を断ったし、神道だって結界をはります。





私も親元を離れなければ、今のような生き方はできなかったと思います。





分断されることには効果があります。





子宮が外界から分断されているように、苗木をプランターで育てるように、安全な環境を確保し、ほのかな光が明確な確固とした光に成長・発達できます。





伊勢神宮で、ご神体との間に布や門がおかれているように、確固としたきよらかなエネルギーを清らかなままに保つ働きもあります。





分断は自分だけのためではなく、多くの人々に貢献できる方法です。





神社で保持されたエネルギーは参拝者に与えられます。





清浄なエネルギーを浴びて、参拝者は本来の自分をとりもどし、俗世に戻って自分や社会を変化させていきます。





歴史上、移動手段の発達などによって異なる文化同士が交流したときに、文化の飛躍的な発展が起きたといわれますが、交流が飛躍的な効果をもたらしたのは、それ以前に独自の文化が偉大な発達を遂げていたからだともいえます。





このように「違い」というものにたいしてとりえるアプローチは、たったひとつの正解も、不正解と決められる形態もありません。





その時々、自分が置かれた環境と、現在の自分の課題から、磨かれた自分自身の感覚で選びとっていくことが大切なのでしょう。





(つづく)

コメント

Secret

ユーリ巫女さま

>分断
つい最近まで、分断はいけないことだと
勘違いしておりました。
「皆、同じ方向を向いていないと」 と。
「和を以って尊しとなす」 というのは
ただ仲良くしていればよいというのではなく
自分を大切にするように、相手の真も認めるのだ、
という意なのだと、そんな風にも思えてきました。
やり方はひとつではない。
距離を置いても良いのだと
喧嘩をしてそのことを学びました。
生まれてこのかた、ずっと仲良くすることを
よしとしてきた私にとっては
とてつもない大冒険なのであります。
う~ん、深い。
ありがとうございます。

姐から巫女になってる・・・・・・嬉しい気もする・・・が、また戻っても文句いわない。こないだ知人と3人で話しているとき、「つい人に合わせて黙っちゃうんだよね」って言ったら2人口をそろえて「え~、ユーリさんは曲げないじゃん」とブーイングされました。スローガンと自己評価と、人から見た私の現実は違うのよね。スピリチュアル系では特に愛・和解・ワンネスを重要視するので、わかれるのが自然でいい場合も無理することがあるかな~と思ってこの記事を書きました。∞月のしずく∞さん、そこのことわかってくれてありがとう。

プロフィール

ユーリ

Author:ユーリ
新宿区中落合でヒプノセラピーをしています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。