競争心

今日は「競争心」の話をかきます。


横にならんだ車とどっちが速いとか、だれが良妻賢母だとか、どっちが苦労人だとか、どっちの主張が正しいとか、パチンコの隣同士とか。競争の種ってゴロゴロあります。競争はどこでもおきえるものです。


売られた競争をぜんぶ買っていたら身がもちません。


競争に夢中になってると、大事なものを犠牲にしてしまうこともあります。テレビで見る事件はそういう本末転倒なものが多いですよね。


目の前の車に勝つより安全運転10年続ける方がよいし、良妻賢母くらべより家族の幸せのほうが大事です。議論で打ち負かして好かれるわけでもないし、パソコンのゲーム勝つまでやってたら朝になっちゃいます。隣の台と比べてどっちが積もうが今日もパチンコ屋にしばられている似たもの同士です。



小さなどうでもいい戦いまで勝たなくてもいいですよね。巻き込まれてしまうのはなぜかな。小さい子でも勝つのは好きだから生まれつきの傾向もあるんでしょうかね。


でも価値観も関係しているんだと思います。「勝つこと」「勝つまでやめないこと」、「逃げださないこと」、最後までやり遂げる強迫観念なのかなと思います。どれも悪くない資質だけど、どこでそれをやるかが問題です。ちっぽけな渦に巻き込まれるのは、かえって粘り強い真面目な人が多いんじゃないかと思うのです。


競争心をあおるような状況はどこにでもあるから、「どこで戦わないか」を自分で選ぶしかないものね。「ここが自分のフィールドなのか」「自分にとってだいじなもののために今ここで勝つことが重要なのか」と自問してみます。



「負けること、中途半端にやめること、あきらめること、脇役になること、去ること」はマイナスっぽいイメージだけど、これができないと困るっす。私もファミコンとか始めるととまらなくなるので、反省しきりです。









テーマ : モノの見方、考え方。
ジャンル : 心と身体

コメント

Secret

プロフィール

ユーリ

Author:ユーリ
新宿区中落合でヒプノセラピーをしています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索