光の柱をたてる

スピリチュアルな知識や感覚があったりすると、プライベートな場面で、なんとなく空気が暗い場所や波動の低さに敏感になって、避けがちになってしまうことがあります。







あるときたまたま、とあるお店に入って、なんとなく暗い雰囲気を感じました。







「用事をすませたらさっさと帰ろう」と思ったのですけれど、思いのほか待ち時間が長く、去ることもできませんでした。







待ちながら、自分の意識を観察して、考えました。







「自分はもちろん聖者などじゃないけど、本などで読む聖者は、出会う人出会う人を癒していってる。それにくらべ自分はネガティブなエネルギーからチマチマ身を守ろうとしている。こういう自分の態度はいったいなんだろう。すべての人は神さまの子どもで、雰囲気が暗いならなおさらしてあげられることがあるといえる。どんな用事で来たとしても、自分がほんとうにスピリチュアルな道を歩むことを志しているのなら、出会う人すべての幸せを祈ろう」






そんなふうに思いました。







本人の許可なしヒーリングすることは、人間の本質的な権利である自由意志を冒すことになると習ったので、勝手にヒーリングはできません。でも祈ることはよいのだとも習いました。







また別のセミナーで光の柱の立て方も習ったので、とりあえずその場所に光の柱ををたてることにしました。







光の柱の立て方は、ただ光の柱をつくって、柱を通じて上から光が降りてくる意図とイメージをもつことです。







念入りに柱をつくっても、まだ待ち時間があったので、従業員の方おひとりおひとりの幸せと、その方を通じてすばらしい仕事がなされることをお祈りをしていました。







そうしているうちに、なんだか急に空気が輝いたような印象を受けました。







で、またその後、なぜか従業員の人たちが妙に親切にしてくれました。







それ以前と意外なほど差があったので、なぜだろうと思いました。







いくつかの理由を考えてみました。







すごく普通に考えると、「できるだけ早くここを去りたい」と思っているときの私の表情と、相手の幸せを祈っているときの私の表情は、人から見るとぜんぜん違って親しげなのかもしれなくて、それで人の私にたいする反応もおのずとやわらいで、親切にされたのかもしれません。







また、これはすこしスピリチュアル寄りな考えですが、私は、私自身の中に残っている暗さを店に投影して、そのために暗く見えていただけで、本当はもともと店は明るくて、従業員の方は親切だったのかもしれません。祈ることでレンズにある曇りがとれて、本来の明るさを見れたのかもしれません。







ハイアーセルフが、私の初めての試みに「それいいね~」とGOサインをだすために、差がはっきりわかるインパクトを感じさせたのかもしれません。







エネルギーワークも効果的だったのかもしれません。







ほんとうのところどうなのかはよくわかりませんが、どこでも、出会った方々のお祈りをするというのはとってもとっても気持ちのよいことだな、と思いました。







それ以降はいつもそうするようにしています。







町を歩けば、気の毒になったり、戸惑うような光景に出会うことはあるものですから、そういうときは、スピリチュアルなことを多少なりとも知っている自分たちのお仕事の時間というふうにしたら、批判的傍観者でいるよりずっと気分がよいものだな、と思いました。







コメント

Secret

かってにヒーリング・・・たしかにそうですね。で、結局「相手の笑顔」を祈ってるんですね。

ここの所、どうゆうワケだか20年くらい前にお仕事で少しかかわった方の事が気になって、わざわざお便りする用もないので、ツキ並みですけど健康やご多幸をお祈りしました。

出会う人すべての・・・これもまた、大切なポイントだと思いました。そして、大切なことは気持ちのよいことなんですね。

今日もありがとう♪

かーるさん。20年前にお仕事で出会った方の幸せをお祈りできるってすばらしいことですね。私は昔のことを後悔チックに思い出したりするときもあるんですけど、その瞬間、かーるさんをみならって、その方々のご健康&ご多幸祈ってみますね。ありがとね。

ユーリさん
(つづき)
仕事で致し方ない制限があったとは言え、その方のことを思い出す時、かなり「後悔モード」な波動を帯びてまいりました。
おんなじですよ(苦笑)

「光の柱」ですね。トライしてみます。

かーるさん、続編ありがとうございます。そっか、変なこと書いて苦笑させてしまってごめんなさいね。思い出したとき光の柱たてましょう。

ユーリ姐さま☆

ごぶごぶごぶさたしております!m(_ _)m
このお言葉・・ものすごく心に響きました。
私も今まで
「・・なんかヤだな」的感覚から
去ることばかりを考えていました。


この間、ズドンと底に佇んでいた時に
お友だちがこの言葉を贈ってくれました。


人は不合理、非論理、利己的です
気にすることなく、人を愛しなさい

あなたが善を行なうと、
利己的な目的でそれをしたと
言われるでしょう
気にすることなく、善を行ないなさい

目的を達しようとするとき
邪魔立てする人に出会うでしょう
気にすることなく、やり遂げなさい

善い行ないをしても、
おそらく次の日には忘れられるでしょう
気にすることなく、し続けなさい

あなたの正直さと誠実さとが
あなたを傷つけるでしょう
気にすることなく正直で、
誠実であり続けなさい

あなたが作り上げたものが、
壊されるでしょう
気にすることなく、作り続けなさい

助けた相手から、
恩知らずの仕打ちを受けるでしょう
気にすることなく、助け続けなさい

あなたの中の最良のものを、世に与えなさい
けり返されるかもしれません
でも、気にすることなく、
最良のものを与え続けなさい


マザー・テレサのお言葉だそうです。
ユーリ姐さんのお言葉から
この言葉が真っ先に思い浮かびました。


『最良のものを与え続けなさい』 って。
実践、実践!!!


心より~ありがとうございました。^^


善き一日を~♪

初めて拝見させていただきます。

私はヒーリングとエステセラピーを生業にしてるものですが、
大げさになりますがより好い人類と地球の明日の為という使命感からライフワークとして、
仲間と聖地や気になる場所などの浄化をしたり光の柱を立てるなどの活動を、微力ながらさせて頂いてます。

私はユーリさんのように何気ない日常の中で自然に他人に光を送れる、
そんな普遍的な愛を持った人こそが天と地を繋ぐ光の柱なんだと思います。
一人でもそういう方が増え、光の輪が広がっていけば人類と地球の未来も明るいのではないでしょうか?

お手本にさせて頂きます。
有難う御座居ます。(あり得ない事が今ここにありますという意味だそうです)

∞月のしずく∞さん、Over the Rainbowではいつもお世話になっておりますが、ブログには久々のコメント、ありがとうございます。マザーテレサの言葉、すてきですね。実践、一緒にがんばってこうね~。

エンジェルハートさん、はじめまして!コメントありがとうございます。人が光の柱そのものなれるって素敵ですね。前になにかの本で「愛はチャリティーという英語の方がぴったりくるような大きな慈悲心です」という内容の文章を読んだことがあって、ああそうだな、と思いました。スピリチュアルな感覚があることで選民意識を持ったり、痛んでいる人に追い討ちをかけるような知識の使い方をせず、大きな慈悲心で光の柱を立てていける人間になりたいと思います。そういう自分たちが光の柱で、光の柱だらけの地球になっていく・・・うん、素敵ですね。
プロフィール

ユーリ

Author:ユーリ
新宿区中落合でヒプノセラピーをしています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索