インナーチャイルド

以前、私にとっては親との関係が大きなテーマで、私のインナーチャイルドは傷ついていました。







親元を離れ、会わなくなってからも、心の中で親のような考えと戦ったり、親と似ている人に反発しては人間関係がうまくいかなくなる傾向がありました。







スピリチュアルな考え方を学ぶようになってからしばらくしたある日、ふと思いました。







・・・今まで「食べさせてもらっているあいだは何も言えない」と思って直接文句を言わなかったけれど、そういう自分のあり方は愛など微塵もなく、保身でしかなかったのかもしれない。表面上反発しなくても嫌っていたことは伝わっていただろうな。でももしこの縁が一期一会の縁で、宇宙の星と星が一瞬すれ違うように、来世以降もう二度と会わないなら、この関係に愛をもたらすために私は何をするだろう・・・







そう思って私がしたことは親に手紙を書くことでした。親の言動の背景にある考え・価値観を分析し、新しい提案をするレポートを40枚も書きました。それを実際渡してしまったのですから親はいたたまれなかったと思います。今では申し訳なかったと思いますが、その時の私にとってはそれが唯一の愛の表現でした。







その手紙を書いているときに、ハタと気づきました。







どうして自分はこんなに親の考えがわかるのだろう、と。







「こういうときはこう言うだろう」といくらでも想像できてしまう自分がいました。親の言動の奥にある価値観を把握して、無限に運用できる自分がいました。







のちに「あの手紙に書いてあったことはほとんど当たっていた」と言われたので、おおむね正しく把握していたのだろうと思います。でも、正しいか誤っているかは別として、私の心の中に想像上の「親」がいて、その考えの体系を自由自在に運用できてしまうことに違いはありません。






ほんとうの問題は、外側にいる実物の、変わっていく可能性のある親ではなくて、内側にいる「親」なのでした。







自分は「同じ轍は踏まない」と決意していましたし、スピリチュアルでいうところの「人は自分の鏡である」「相手と同じ部分をもっている」という考えはのみこめませんでした。けれど記憶まで含めれば、確かに自分の内側に相手のコピーのようなものが存在しているのです。







それは子どもの自分が何を言っても応戦し、否定し、打ち負かす思考体系です。







心の中で、いくら言い合いをしたところで、自分の中の思考体系と争っているだけですから、勝てないのは当然でした。







私は、心の中にいる子どもの部分だけを自分だと思い込んでいたのですが、他者のイメージも、心の中にいる以上、私の一部といえます。







思考体系は、家を出て、一人暮らしをしてもついてきますし、親が年をとっても強いままです。







そこではっきりしたことがあります。







インナーチャイルドを癒すのは、単に傷ついた子どものイメージを癒すことでは完了しないということです。







傷ついたインナーチャイルドがいるということは、インナーチャイルドを傷つける他者や世界のイメージがあります。







それは自分だとは思っていないから変化させてこなかった自分の一部です。現実にいる親や世界が変わらない限り、変えられないと思い込んでいた自分の一部です。






でも自分=心の中の子どもの部分ではないのです。







心の中に存在するすべての他者、すべての世界の総計が自分といってもいいのです。







この仮説が間違っていたとしても、「親」の思考体系は、精神分析でいう自分のスーパーエゴ(自分を管理する心の部分)、交流分析でいうペアレント、父性・母性として機能していることは確かだと思います。







それは自分のインナーチャイルドにたいしてのみならず、子どもにたいして、他人にたいして、出る可能性があります。







当時自覚はありませんでしたが、今思えば、親のようにふるまう瞬間があったことがわかります。







また「心の中に存在するものが新たな現実を引き寄せる」というスピリチュアルな考えからいえば、繰り返し似たような人や状況に出会い続けてしまう原因にもなりえます。







インナーチャイルドを癒す要は、迫害者としての父性・母性を変化させ、より適切な養育者としての父性・母性を自分の内側に確立することです。







そのことを理解して、トラウマワークをしたところ、私のインナーチャイルドは本質的に癒されました。







私が自分のなかの父性・母性の部分を変えたら投影が消え、親は一個人になりました。恐れることなどまったくない、むしろ、いとおしい存在だということが、今ではよくわかります。







コメント

Secret

ユーリさん
素晴らしいです!
自分自身にも置き換えてみると、なるほど!その通りです。

親は、歳を重ねてどんどん変化していて「まる~く」なっているのに、自分の中の「小さな子供」は、いつまでも「厳しかったり、恐かった親」をずーーーーっと掴んだまま。

「それが自分の中にある」ということをしっかりと見つめて受け止めて(ここが大事ですよね)そして、「よりよいもの」に置き換えて、「古くなったもの、いらなくなったのも」は手放す。

これは多くの人に役立つ方法ですね。

ユーリさんいつもありがとう~。

Christineさん、ご自身の身におきかえて考えてくださってありがとうございます。そうなんです。自分が強かったり厳しかったりしたことを親自身は忘れますから、「親」のイメージは、それを見ていた子どもの記憶にしかのこらないです。憧れでも、アンチテーゼでも、ずっと心に持っていると、似た部分が自分の中に生まれます。だから手放していくほうが楽です。Christineさんのコメントに元気づけられました。感謝です。

強さやちからや立場を誇っていた自分を忘れていってしまうことを正直許せなく思ってしまう部分があります。頭では「年とったんだな」と分かっていても、今自分が親となって子どもに対しての言動が自分の親と重なっていることに気付くたびに「こういう表現しかできないのは親のせいだ」と。だからそれを「そうだったかしら、忘れちゃったわ。そうだったのならごめんなさいね」と言われても。当時のイメージのまま残っているその場所が私の中であるのだから、私の都合の良いように親のイメージを変えることをすればいいのに、そうすると「今まで当事者だった自分の体験はどうなるんだろう」みたいな感覚があります。体験したことが損したというか無駄になったというか、自分を作り上げてきたものが消えてしまうと自分もどこか欠けてしまうような・・・そんな部分にすがる必要ないのに。手のひらを開いて手放すことが今の私の課題のようです。いつもありがとうございます。

共感☆

ユーリさん、コメントのみなさん、ありがとうございます。
今、このテーマを私も抱えていたので、とても参考になりました。
インナーペアレンツ(?)との和解と統合、達成できたらすごく気持ち良さそうですね☆

kolibriさん、私のブログを真摯に受けとめてくださってありがとうございます。親は自分がどのような印象を与えたか自覚がなく、忘れ、あとから訴えると逆ギレしたりしますね。でもこれは親との問題では終わらず、今も維持され、これからも続く「内部構造」「自分が作る世界」になってしまいます。インナーチャイルドは過去傷ついただけでなく、今も傷つき続けています。たとえば国家が、過去の悪法によって多くの犠牲者を出したとしたら、二度と犠牲者を出さない法律に変えることが、真に犠牲者を悼みその貢献を忘れない決意になります。私たちの意志は新国王みたいなものです。私は、自分の誕生日を数秘術でみると、よい管理者になることが今世のテーマのひとつみたいで、親との課題を通じてそれを達成しようとしていたのかな、と思います。

みかんしゃん!こんにちは。「しゃん」が定着しちゃいましたね。「インナーペアレンツ」、いいネーミングです。それに決まりです!

縁が深い分、憎悪も深い

家族になる相手は、過去世で繰り返し立場を変えて家族を経験してるそうです。
切りたくても切れないのが親子の縁、
それだけ互いの関係性にディープな課題を設定して生まれて来るのでしょうね。

最近 インナーチャイルドの癒しがテーマのクライアントさんが多いのは、
私のテーマでもあるからなのだと思う今日この頃です。

ありがとうございました

ご無沙汰しております。
以前、一度、セッションを受けさせて頂きまして、こちらのブログも、たびたび読ませて頂いて、いつも「なるほど~」と、うなっておりましたが、今回は、まさに答えを頂きました。
ありがとうございました。

私は、現在、私の中の「私は間違っている」という部分を刺激する他者(もともとは、親や家族なのでしょう)である、「正しい人」を集約しているような親友との関係で、ユーリさんが今回、ブログに書かれたような親御さんとの状態を作っておりまして、40枚とはいきませんが、メールで少し、そして、多分、内容はユーリさんが親御さんに書かれたようなものと同じようなものを書いたのではないかと感じていますが、それを先日、送っていました。(^^ゞ
私の思いを伝えるチャレンジでもありましたし、その友人が、私自身の一部を見せていることはわかっていましたが、この後、それに自分はどう対処したらいいのか、という所にいました。

それが、今回、ユーリさんのこちらの文章で答えを頂けたということなりました。
もう少し、自分の中に落とし込んでいく必要がありますが、自分の中の父性、母性・・・などを変化させていくことをやっていきたいと思います。
本当にありがとうございました。

エンジェルハートさん、コメントありがとうございました。旅行にでかけていてコメント承認とお返事が遅くなってしまってごめんなさい。縁が深い分、感情も大きくふれるということも、また来談者の課題がセラピストの鏡ということも、まさしくそのとおりだな、と思います。

saraさん、コメントありがとうございます。伊勢参りに行ってて、コメント承認とお返事遅くなってしまってごめんなさい。ブログ記事を真摯に受け止めて考えを深め、ご自分を変化させていこうととりくまれている姿勢が立派だと思います。私も励まされます。ありがとう。
プロフィール

ユーリ

Author:ユーリ
新宿区中落合でヒプノセラピーをしています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索