スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ホテル・ルワンダ」をみました

このあいだ「ホテル・ルワンダ」を観にいきました。アフリカのルワンダでの実話です。歴史的な問題でフツ族はツチ族に潜在的な対立感情をもっていたらしいのですが、1994年、フツ族の政治家が暗殺されたことをきっかけに暴動におきました。フツ族の民兵が、丸腰のツチ族を虐殺し、100日で100万人の人が亡くなったそうです。そんな状況の中ルワンダの有名ホテルの支配人が1200人の人を救ったというのが映画のストーリーです。支配人はフツ族ですが、奥さんがツチ族でした。「ニュースが流れれば連合軍が助けてくれる」という期待に反して欧米からの救援が断たれてしまい、報道もほとんどされなかったそうです。ルワンダに魅力的な資源がないからだそうです。ほとんど自力で出国して助かったということです。


つい最近の話なのにまったく知りませんでした。今どきそんなことがあるなんて・・・。まだまだ平和な世界じゃないんですね。国際社会が見ているから大丈夫なんて言えないんだな、と思いました。









テーマ : オススメの映画
ジャンル : 映画

コメント

Secret

おひさしぶりです

こんばんは!以前は新宿でお世話になりました
ほのぼのとして、ユーリさんの空気を思い出すにはぴったりのサイトですね♪

さて、
「ホテル・ルワンダ」知りませんでした
まだ10年ほど前の事件なのですね

民族間の対立にも課題はあるかもしれませんが
国際的な救援が、損得勘定で行われるというのが解せませんね・・・

観てみたいです
興味深い映画のご紹介ありがとうございました

かめさん、こんにちは。お久しぶりです。先日はありがとうございました。新宿のお好み焼き屋に一緒に行って、いろいろなお話をうかがってとても楽しかったし勉強になりました。


「ホテル・ルワンダ」は最初渋谷の映画館でしかやっていなかったのですがロングランになって、ほかの映画館でもやるようになりました。私が行ったとき女性のお客さんばかりでした。「女性は社会問題に興味があるんだなぁ」と思ったのですが、いま考えてみたらレディースデーに行ったので、あたりまえでした。


また遊びにいらしてくださいね。


プロフィール

ユーリ

Author:ユーリ
新宿区中落合でヒプノセラピーをしています。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。