相似形③

今年はじめて書きます。







ちょっとというかすっかり遅いのですけれど、あけましておめでとうございます。昨年もブログを読んでくださってありがとうございました。忙しくて更新が遅くなりがちでごめんなさい。今年はまめにできたらいいな・・・・(年頭から弱気な語尾かな)。今年もどうぞよろしくお願いします。







さて、相似形のつづきです。なぜ相似形見つけるのが役にたつかといいますと、問題解決のポイントが把握しやすいからです。







ふたつの点があれば、線をむすべます。







点より線の方が流れが把握しやすいように、同じ意味の複数の出来事があればポイントを把握しやすくなります。







たとえばヒプノで原因追求をすると、幼少期・過去世の出来事・ストーリーがでてきます。






シンボリックなストーリーとしてみれば、現状との共通点が浮き彫りになります。







おきがちな展開、そのとき自分がしがちな反応、自分の願い、その願いをより純粋に達成する選択・方法など。ポイントを理解すると、今の現実だけをみるよりも、自分がどういう方向に力を注ぐべきかわかりやすくなります。







ヒプノで出てくるイメージも相似形のひとつと考えれば、その他の相似形も読み方はおなじです。







「カエルの歌が聞こえてくるよ」という歌が、輪唱で、いろいろなリズムで流れているようなもので、短く終わるのも長く続くものもあります。







もう終わったショートスパンの相似形を読みとれれば、まだ続いているロングスパンの相似形の展開も予想できます。







「カエル<と>歌が聞こえてくるよ」と一箇所間違っていたら、それと連動している出来事も同じような間違いを起こしているかどうか点検します。







間違った原因をショートスパンの相似形で見つけたら、ロングスパンの相似形でも同系統の原因を点検し、どう直したらいいか考えます。







さらに、ロングスパンの大きなことを変える前に、相似形でつながっているショートスパンの相似形をひとつひとつ丁寧に変えていけば、変化の鋳型ができて、大きなことを変化させやすい状態になると思います。







相似形を見つけたら、そのような観点で見てみると現実に役立ちますので、やってみてくださいね
(相似形シリーズはこれでおわります)

コメント

Secret

今年も導いていただく場面がたくさんありそうです。どうぞよろしくお願いします。
ちょうど今日のことですが、普段と同じ生活をしていて家族としか言葉を交わさない日も多いのに今日は家族以外の3人もの人から声を掛けられました。1人は知人だけどとても久しぶりで半年近く会っていなかった人で、あとの2人は全く知らない人でした。これも相似形の表れになるのだろうか、何を意味しているのだろうって考えているところです。暮れからの相似形①②を拝読したあと、なぜか久しぶりに『アルケミスト』を読み返しててユーリさんの書かれたことと重なる部分があるなぁと心に引っ掛かっていたところだったので今日になって③を更新されてたのを知って「これは注意深く考えるようにってお告げだわ」と。いつもありがとうございます。

kolibriさん、昨年はお世話になりました。今年もよろしくお願いします。『アルケミスト』と似てましたか。ありがとうございます。シンボリックな意味をなんとなくよむ習慣があれば、ハイアーセルフが私たちになにかを教えるツールを増やすことになるかと思います。たまに似たような意味のできごとが複数おきるときだけ意識すれば充分です。お役にたつことがあれば嬉しいです。
プロフィール

ユーリ

Author:ユーリ
新宿区中落合でヒプノセラピーをしています。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索