肉もてる身

今日、正座したままうつぶせに丸まり、猫姿勢でなんとなくいじ~っとしていたら、ふと、「もしかして寒いのだ」と気づきました。







天気予報みていなくて、気温が低いのにいつもと同じ格好で、しかもついさっきバイクで雨に濡れたのを忘れていたのでした。







子供が眠いとき眠いとわからず泣いて、泣きつかれて寝て、起きると機嫌直るのとおなじ原理ですね。







大人でも、肉体からくる気分の理由を別のところに求めてしまうことは意外にあるものかも。







そういえば前にアサーション(自己主張)トレーニングの講座で「体がどういう状態のときに自分がキレやすいか把握しておくとよい」と教わったことがありました。誰かと一緒にいる場合「あなたのここが悪い」とつっかかるより、「腹ペコだとついあたってしまうけれどあなたが悪いわけじゃないの。いま腹ペコだから先に謝っとく。ごめんね」と言う方が理解されやすいとのこと。言われた方はあせるだろうけどその方がこじれないらしいです。







未だ悟らぬ、肉もてる身のサガでございますね。







そうとわかっていても体を楽にできない場合もあるから「火もまた涼し」的精神修養が必須なときもあります。







けれど、面倒くさがりで体が弱っているのに気づかない私のような方は、とりあえず「寒くないか」「おなかすいてないか」「眠くないか」というチェックリストを思い浮かべてみることは役立つかもしれません。







物理的な対処は単純で即効性があります。







なんか着て食べてくださいね。








コメント

Secret

プロフィール

ユーリ

Author:ユーリ
新宿区中落合でヒプノセラピーをしています。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索