自我を育てる

先日の記事で「ユングによると無意識はより偉大な全体性へ私たちを連れていこうとするもののようです。無意識的過程を意識化・統合できる自我を育てることによって、私たちは個性化していくもののようです」と書きました。







無意識的過程を意識化・統合することについて、今のところの自分の考えを書かせてください。






無意識的過程を意識化・統合するというのは、自分が本当はわかっていること・本当は感じていることすべてをふくめて、よりトータルで的確な判断ができるようになることなのだと思います。







そもそも無意識的過程とは、私たちの意識が狭すぎる思考をしているために起きている代理的作用をかなり含んでいるようです。







「こうあるべき」というのが強くて拒絶してしまっていた自分の感覚・願い。必要な知識が足りなくて全体像を理解できないまま棚上げしたパズルのピースのような記憶。見たくなくて、関心がなくて目をそむけている課題。変な環境にいるときにバランスをとるための保護作用。私たちが偏った解釈や反応をしたためにバランスをとろうと起きてくる補償作用。そういったものを今のところぜんぶ無意識が引き受けてくれています。







子供のときやってもらっていた多くのことを大人になったら自分で引き受けるように、無意識的過程は、やがて意識が成熟して自覚的に引き受けるべきことなのかもしれません。







「わけがわからない」BOXに分類したものがいっぱいつまっている無意識は、意識にとっては怖いもの、魑魅魍魎が住むジャングルのように見えます。しかし「わけがわからない」BOXにあるものは本当に意味がないのではなく、私たちの意識がその意味を認めきちんと位置づけるほどに成長していないだけ、悪く見えるのはそれ自体に悪い性質があるのではなく、本質的な意味がわからなくて今のところ悪いものとしか見れない私たち自身の未熟さのあらわれかもしれないのです。本来であれば正しい位置づけを与える必要があるものなのかもしれません。







意識は関わらないことで安全を保とうとしがちです。無意識に追いやったものたちが正しい理解を求めてくりかえしやってくるので、意識は怖くなっていっそう固く扉をしめ、どこかもっと光に満ちた世界に行きたいと願います。しかしその扉のせいで損害を蒙ってもいます。同じ扉の向こうから、問題のヒントも光も愛もやってきているからです。正しい理解と、処理解決能力が発達するほどに怖いものがきえ、理解可能な光と愛に満ちた世界が広がっていくのでしょう。







超常的な力というのも同じ扉からつながっている世界なのかもしれません。よきにつけあしきにつけ自分が感じていること・発していることをきわめて精妙に自覚できるようになればなるほど前より予想は当たるようになるでしょうし、望んだ結果を引き出しやすくなるのも当たり前なのかもしれません。私たちが個を超えてつながっているなら心を通じてさまざまなことがわかるようにもなるでしょうし、影響を与えられる範囲も増えていくでしょう。でも、恐れていたものを無理のない形でおさめられるような理解力が発達していなければ、自分の正直な気持ちも人の気持ちも人間の歴史も怖いものだらけですから、入ってきたところで迷惑なだけ、正しい活用はできません。







そして無意識は、「頼りになる自分以外の何か」という位置に永遠に奉っておくようなものではなく、90%、80%、70%とパーセンテージを減らしていき、意識の一部として吸収・整理されていくべきものなのだろうと想像します。「無意識的過程」はやがては必要なくなり、無意識は大部分が意識になっていくのだろうと思います。そして私たちは、かつての自分にははかりしれないほど大きかった自分の意識の全体性を生きられるようになるでしょう。







無意識的過程を意識化・統合できる自我を育てる方法とは、怖いもの・見たくないものを避けて狭い心理的空間にとどまることではなく、むやみに信じることでもなく、能力をはるかに超えたことにやみくもに挑戦することでもなく、むしろ筋トレのように今の能力を少し超える程度の負荷をかけていくことが効果的だと思います。今の自分の能力では理解しにくい・受け入れにくい、だけれども今現に潜在意識からやってきているメッセージに心を開き、その意味を理解する成功体験を積むことによって、効率よく進んでいくのだろうと思います。

コメント

Secret

プロフィール

ユーリ

Author:ユーリ
新宿区中落合でヒプノセラピーをしています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索