Qooさんの「里子訪問記②チベット難民キャンプというところ」

(以下、Qooさんの「里子訪問記②チベット難民キャンプというところ」のコピーです。訪問記コピーのいきさつは「プロローグ」をお読みください。チベット教育サポート基金はこちらです。)


チベタンキャンプ ストリートの上で


チベタンキャンプ 庭


チベタンキャンプ 外側


チベタンキャンプ モモ


写真上から、Ⅰ居住区内の様子、Ⅱ居住区内の庭、Ⅲ居住区のすぐ外(ヤムナー河沿いに建つ小屋のような住居があります)Ⅳお昼に食べたチベット料理モモ







翌朝は、結構早く目が覚めてしまった。訪問記①に写真を載せましたが
私の部屋から通りを隔てて向い側は若いチベット人僧侶たちが営む?雑貨屋です。
僧侶がやっている店がたくさんあるようでした。
早速ホテル内のレストランで朝食を食べながら、散策の計画を立てる。
ホテルは欧米人客とチベット人客が大半で、日本人は私だけのよう。英語が通じるのが助かる。
朝食客の中で、明らかに英語圏出身の白人女性の尼さんがいた。海老茶の僧侶が着る衣裳をつけて
頭を丸めている。とっても柔らかい表情をしている人だった。尼さんは彼女だけだったけど
白人僧侶は街で何人か見かけた。どういうきっかけで出家することになったんだろうか?
欧米人なのに東洋の教えに違和感はなかったのか?聞いてみたかったな。







チベット人居住区はここだけでなくインド全土にあるようだ。ここヤムナー河沿いのキャンプは
塀に囲まれておりとても小さく1時間もすればほとんど回れてしまう。
商店、土産物屋、本屋、カフェ、インターネットカフェ、屋台などがあり
インドなので当然インド人もおり、町の顔ぶれは、チベット人(一般人と僧侶)インド人、
欧米人観光客、といったところ。インド人は商人以外に、物乞いも。
乳飲み子を抱えた母親や、体の不自由な人、子供の物乞い。
「一度でもお金をあげてしまうと追いかけられますよ」
とMさんに事前に言われているので、物乞いが近くにきても
「NO!」
と手を横に振る。しかし敵もなかなかしぶとい(笑)
靴磨きの男の子が靴を磨いてあげると近くにきたが私の靴はスエードなので断ったら
「オレンジジュースおごってよ」
だって!おい、なんでだよ!(笑)
この子は8歳か9歳くらいでとっても人懐こい笑顔でにこにこ笑い、
しかもかなりしぶとく後をついてきたのでした。







居住区の庭にはベンチがいくつかあり、写真のようにチベットの旗のようなものがはためいています。
一見のどかな感じですが、臭いがすごい。。。。。。。。。。。。。。。
日本ではあまり経験しない臭いでした。
ホームレスのような人が住み着いているのかベンチで寝ています。目つきもヘンで少し怖かった。
また居住区の住人だと思いますが、インド人とチベット人が、チベット風の飾りを木に括りつけようとしてました。







居住区を出てみると、ヤムナー河沿いになにか、掘立小屋がいくつか立っているのが見えた。(写真Ⅲ)
半裸の子供や少年が、働いているよう。しかし、あの小屋に住んでいるのだろうか?
あの小屋に人が住めるのか??ゴミが散乱して、下水以上の悪臭が放つなか、小屋の近くで
何人かが働いている。おばあさんが作業をしている子供たちになにか怒鳴っている。近くに行きたいが
なんとなく行かないほうがいい雰囲気。遠くからぼんやりと眺めていると例のおばあさんが近くにやってきた。
「■△○××●□!!!!!」
なんか分からないが叫んでいった。ものすごい形相をしていた。
掘立小屋に住む彼らは、いわゆるアウトカーストの人々なのだろうか。







なんか居住区の外を歩く勇気がなくなり(笑)、中へ戻ってインターネットカフェへ入る。
いやぁー、インドってすごいわ。なんか圧倒されてしまう。
お昼にはモモを食べて、その後カフェへ入って英字新聞読んで時間を潰す(笑)
ひきこもり旅行者になってました。
ハイ、初日から、実は凹んだ私でした(笑)







その夜になってやっとMさん達がキャンプに到着する。同じホテルに泊まるはずだったのに
なんと彼女たちの予約がされていないという。しかもホテルは今日は満室。
あわてて近くのホテルを探すMさん一行とポタラハウスのフロント係。
今のシーズンはホテルはどこもいっぱいのよう。
30分くらいしてようやくポタラハウスから歩いて5分くらいのところに空きがあることが
分かり移動。Mさん達のホテルのレストランで一緒に夕食をとることに。







MさんやKさんといろいろお話してるうちに昼間の凹み気分も忘れて、
「そうだ、私は里子たちに会いに来たんだ!」
と元気になってきた。
いよいよ明日は子供たちのいるポアンタ・サヒブ校へ向けて出発です!

コメント

Secret

プロフィール

ユーリ

Author:ユーリ
新宿区中落合でヒプノセラピーをしています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索