ツイッターコピー ~2010年4月25日

「ルーミーの詩を読むと、この人は「その友だち」を本当に知っていたのだなと思う。ダスカロスも知っていたのだと思う。そういう人たちが実在したのだから、信頼し任せて、小さなアトラスのような小さな自分の自我は、朽ちていくことができる気がします。100万回生きた猫のような満足感で」







「この世の技術の多くは自然観察からヒントを得ています。カブトムシをヒントにつくられたブルトーザー。鶴をヒントにしたクレーン。カタツムリの殻と似せて作った汚れないタイル。催眠中あるいは瞑想中に、課題の答えのヒントを自然物からもらうことも多いです。自然は知恵の宝庫です」







「いつか落ちついて、臓器の絵を描いてみたい。臓器の働きを調べ、集中的に意識をむけることは、意識を肉体的な波動にあわせ臓器とアチューメントをとりやすくするだろうし、それは自己ヒーリング・他者ヒーリングの基盤になると思う。また臓器の源である英知とつながりやすくなるとも言われている」







「自分に力があり物知りなら、特権的立場ではなく、愛深く知恵深く年下の兄弟の面倒をみるような立場なのだと思う。やられたからやり返すとかはなく、制する場合も、兄弟が兄弟自身を困らせる選択を回避するためだし、強い言い方や距離をとるのも方便と思う。聖霊たちはそうしてくれているものね」







「何かをネガティブに感じて否定し、別のよりよいものを選択して人生を決めていくのはよいことだろう。ただし変化の完了はネガティブなものと決別した時点ではなく、いつかそれを選択しそうになるとき、外からみていた印象と中に入った印象の違いを理解したうえで、方向修正していくときなのだろう」







「ここ一年くらい知りたかったのは、内的世界の自然や街の環境・風景(人や生き物でないもの)が自分を害する場合、どう変化させるか。それがわかった。やはり自分のある部分とある部分との関係を別の視点から見たもので、今の自分だから、書き換えだけで修正を完了しないで変化の素材にするのね」







「私がたまに嫌な夢をみて変化させる方法がわからないときは、太陽の光を浴びながら、この光がその内的世界にふりそそぐようにと思ってみます。そのうちその夢の世界がどう変化していくか、次に久しぶりにその場所にきたらどうなっているか(よい方向の変化)を想像することも役にたつかな」







コメント

Secret

プロフィール

ユーリ

Author:ユーリ
新宿区中落合でヒプノセラピーをしています。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索