スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発の安全性について

原子力発電の安全性について中部大学教授武田邦彦博士のインタビューをご紹介させてください。







武田教授はかつてご自身がウラン濃縮研究所所長をされていたそうです。







もうひとつ、原子力発電所の現場所長であった平井憲夫さんの「原発がどんなものか知ってほしい」という文章もご紹介させていただきますね。







平井さんは20年間原子力発電所に勤め、現場所長として部下に安全性の教育をしてこられました。しかし心の内では安全性に疑問を持ち、自分の洗脳教育によって何人も殺してしまったと後悔されています。







ご自身も建物内のホコリなどによる内部被爆で癌になったとのこと、「死ぬより大きいことはないよ」というお母さんの言葉を告知後思い出し、すべて明るみにだそうと決意されたそうです。







こまかな作業についても具体的な記述があり、大変危険な作業が日常的に行われている様子がわかります。







これら原発の危険性についての内部関係者の話は、その伝わりにくい環境を考慮すると、重くとらえるべきだろうと思います。







今回の震災と原発事故で、日本人は冷静で礼儀正しく一致協力して対処にあたっていることを諸外国からも賞賛されていて、それは日本人の美徳と思います。







しかし肝がすわっていて自分たちの痛みに目をつぶれるというだけでは、子どもたちの未来や千年後の地球を守ることができません。







今回の震災と原発事故については、今回の事故だけなんとか収束できればよいという問題ではなく、原子力発電所の安全性をより確実なものにするか、別のエネルギー確保の方向に移行するか、いずれにしても大きな変化のきっかけにすべきできごとだったと思います。







はてさて国を変革する原動力とは一体どのようなものなのかな、と思います。







諸外国では革命とか大規模デモなどで国が変わることが多いようですが、革命の成功体験を持つ欧米と違い、日本では百姓一揆も学生運動も失敗し、大きな政治的変化は偉い人が決めることが多かったという歴史があります。







また日本では「何かに反対する活動」イコール「偏っている」と捉えられる傾向があり、「争いを起こす人は問題がある」とみなされ遠ざけられてしまうため、被害者や活動家は人々の無関心の憂き目をみることが多かったと思います。活動はサポートを得にくく、ミニサイズの草の根運動に終わることが多いです。






革命やデモという方法は日本人向きではないのでしょうから、諸外国のような方法ではなく新たな方法で、大きな方向性を変える方法を探していけたらよいのでしょうね。変化の最低必要条件はふたつ、今までなぜそのような方法がとられてきたのか共感的に見つめ、その目的を叶える・かつ弊害の少ない代替案があること。あとは変化の動機です。







私としては今後の日本が、世界のエネルギー変化の先駆的立場として、さまざまなクリーンエネルギーの探求を推進していったらいいなと願います。







原子力にかわるエネルギーの代替案になりうるかどうかわかりませんが、木内鶴彦さんという活動家が太陽光を使った発電の方法について、以前講演で話されていました。







太陽光発電というと私などは屋根のソーラーパネルを思い出しますが、木内さんによると、今までのソーラーパネルは太陽に対して90度を保たないため、太陽光を吸収できる時間が限られていたそうで、もしも太陽を追いかけるシステムで吸収時間を延ばし、かつソーラーパネルに虫眼鏡みたいなレンズを沢山つけてエネルギーを強化すればたくさんの電力を生み出すことができるというお話でした。







木内さんはすでに特許をとって技術を公開されているそうです。・・・確か太陽光発電のゴミ処理所をすでに作っておられるのではなかったかな・・・太陽光発電のゴミ処理所で、3000度の高温でゴミを燃やすと、ゴミは炭素(植物が吸収しやすいもの)になり、ついでにゴミを燃やすときに出る熱でタービンを回してしまえばゴミ処理と発電が同時にできて一石二鳥・・・という話ではなかったかな、と思いますが、すみません。うろ覚えです。







木内さんの講演内容について紹介しているブログ記事を見つけましたのでご紹介します。「アイム・ラブ・トビー!素てきにレムリアン」というブログの「新しいエネルギー」です。







コメント

Secret

プロフィール

ユーリ

Author:ユーリ
新宿区中落合でヒプノセラピーをしています。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。