スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セクシュアルマイノリティーの若者へ

今日は、大人として、まわりに性同一性障害者の子どもがいた場合、どう関わったらよいかという点について自分の意見を書きます。







一概にセクシュアルマイノリティーといっても多様です。







性自認が肉体の性別と違っている人を性同一性障害者といいますが、性同一性障害者は異性愛者です。







性自認が肉体の性別と同じでも同性を恋愛対象とする人を同性愛者と言います。







また性自認が肉体の性別と違っていても、恋愛対象が異性で、同性愛者という場合もあります。







セクシュアルマイノリティーになる原因もさまざまな理由が考えられるかと思います。







親が自分の性とは異なる性の子どもを望んでいたことを幼心に知ったためかもしれないし、性差別のある親の期待に沿おうとした結果あるいは反発した結果かもしれません。思春期前期、同性との関係で恋愛関係の真似事をする時期に定着したという説もあるかもしれません。遺伝子と肉体が違う場合もあります。器質的な問題ではなく、トラウマでもない場合もあると思います。







しかしおしなべていえることは、そのようなことは本人が悪趣味で選んだ道ではないということです。







思春期にそのような状況に、賛同してくれる親も教師もいない中、子どもひとりが直面しなければならない事態が起きているということは、大変な苦境といえます。







自分がどのカテゴリーに属するのかがわからない、恋愛対象から愛される体験もない、そのためアイデンティティーを形成することが、ヘテロセクシュアルの子どもと比べて難しくなります。







自殺率も高くなります。







親の期待に添えない申し訳なさも感じます。そのため妙に親孝行になるかもしれません。







こまごまとしたことでも違和感を感じるでしょう。細かいことに関しては、左利きの人が、右利き用の自動改札を通るような不便さを感じるでしょう。しかし右利き社会で左利きの人の方が両脳を活性化せざるをえないといわれるように、不便さゆえに育つ能力があるでしょう。







さまざまな負担から子どもの心を全面的に守る術はありませんが、もしも教師として、大人として、セクシュアルマイノリティーの子どもたちにどう関わるべきか、という視点で考える場合には、できることが皆無とはいえません。







まずは、子どもがどちらの性であっても、子どもの恋愛対象がどちらの性であっても受け入れ愛する気持ちを持つによって、子ども自身が自分の感覚で見極めていく時間的猶予をつくることができます。







またセクシュアルマイノリティーの子どもは思春期に直面する課題を乗り越えても、その後続く新たな課題があります。







成人後も結婚による安定・子どもに面倒をみてもらう老後は見込めないため、将来のための安定的な経済力を身につけることが必要になります。







長期的な見通しが立つ進路選択の援助という視点で関わることは子どもにとって力になるでしょう。







また、カウンセリングではフェミニストカウンセラーというキーワードで検索すると、セクシュアリティーの問題に偏見のないカウンセラーを探すことができます。







同じ立場の人が相談を受け付けている自助グループもありますし、ミクシー等でもコミュニティーがあるかと思います。







もしもインターネットでそれらの社会資源を探せないなら、精神保健福祉センターに問い合わせてみるとよいかもしれません。







向かい風の中、どうか逞しく生きていってほしいものです。









コメント

Secret

性同一障害にあっている方は相当苦しいでしょうね・・・。


ストレス発散の方法、もしよかったら参考にしてください。
http://www.youtube.com/watch?v=r5McGB552Dc
お役に立てなかったら申し訳ないです。

tabahiko さん、はじめまして。コメントをありがとうございました。ストレス発散方法を教えてくださってありがとうございます。おおいに盛り上がる結婚披露宴ですね。歌っておられるのがtabahiko さんですか?
プロフィール

ユーリ

Author:ユーリ
新宿区中落合でヒプノセラピーをしています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。