スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐怖症

精神分析の本を読んでいたら、こんな文章がありました。







「特に精神分析者が留意する葛藤がふたつある。ひとつは性欲の罪障感であり、第二は攻撃欲の制止である」
(国分康孝『カウンセリングと精神分析』誠信書房)







これは、人間が本来持っている傾向と、社会でよしとされる人間像が最もズレている点です。







性欲丸出しだったり、人を一方的に攻撃したり、怒ったり復讐したりすることは社会ではよくないこととされます。







そのため、子どものころは丸出しでも、いつの間にか教育・洗練されて、自然に、そんなことはもともとないかのごとくふるまえる大人になっていきます。







自分で意識的に抑えることを抑制といいます。







夏で薄着になった同僚の女性に対して、本能的な目線を投げかけてしまうのを意識的に防ごうとする男性







上司から一方的に攻撃されても、立場上言い返すまいと堪える部下







年がら年中そういうことは起きています。







この世で思うがままに生きていこうとしたときにストレスゼロで暮らすことはできません。







ストレスの発散方法の上手下手が問われるところです。







意識的に抑えるのであれば、抑制といいますが、無意識的に性欲や攻撃欲を感じないようにして抑えることに自分ですら気づかないのを抑圧といいます。







抑圧は、自覚していないこと、意識的でないことですから無意識です。







この抑圧というものがどうにも曲者で、神経症を引き起こす原因のひとつになっていると精神分析ではいいます。







恐怖症なども、なんらかの情動を抑圧した結果ということです。







そういわれて思い当たるのはゴ○○○。







私はゴ○○○恐怖症で、文字で書くのもちょっと嫌なくらいなので伏字にしました。







だからもしもコメントいただけるなら伏字でお願いします。







この恐怖症の「正体」が怒りだとしたら・・・







考えたこともなかったけれど、う~む、思い当たる!







怒るべきときに怒らなかった思い出がいっぱい!







そうすると怖いとき、「もしかしたら自分は怒っているのではないか?」と自問してみることが役にたつのでしょうか。







そうすると、怖くなくなるのでしょうか。







???







試してみようと思うけれど、想像しただけで怖い。







今度みかけたら、今まで、人間に対して怒っていたことをゴ○○○に対して文句言ってみようかな。







たぶん、見かけたときにそんなことを思いつく余裕はないと思う。







今のところ怖いので続編を書く気にはなれないから、結果報告はお会いしたときにでも・・・







それとそうそうリストカットも無意識の問題かもしれないと思います。







原因はさまざまでしょうけれど、たとえば幼少期、親に愚痴や文句を言うといつも「結局自分が悪い」と言い聞かされることばかりが続いて、いつしか何も言わなくなり、いまやストレスがあっても何も言わないのが普通になっているというような場合、不快なことがある→自分が悪いのだろう→自分を罰するというパターンができあがっていもおかしくはありません。







不満を言語化して、それがどういう原因から来ているかを明確にして初めて対処できることも往々にしてあります。







すべての依存症はストレスやチャレンジや対決から逃げてしまいたい、隠れてしまいたい、という自分の逃げ腰な傾向のあらわれとも聞きます。







依存症的行動にどれほど逃げても本質的解決ではないから、本質的には一向に解決せず、いってみれば時間つぶし、モラトリアムにすぎません。







自分がどんなストレス、どんなチャレンジ、どんな対決から逃げているのか、を明確にしさえすれば、誰かの協力を求めることも含めて、子どものころには思い浮かばなかった解決策も大人の頭には浮かぶ余地がありますから、自覚し言語化することは、大切になるかと思います。






がんばっていきましょう!






コメント

Secret

プロフィール

ユーリ

Author:ユーリ
新宿区中落合でヒプノセラピーをしています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。