身近な人のトラウマサポートをしている方へ

身近な人にトラウマ的な過去があったとします。







もちろん状況の改善は、まず一番最初にやらなければならない大事なことです。







ですけれど、それで終わるとは限りません。







ただより正常な良い環境を与えるだけではトラウマ的な感覚が癒されない場合もあります。







人間は過去の統計から未来を予測する存在です。







つまり心は過去を含んで成り立っています。







単に「忘れろ」といっても難しい場合もあります。







状況を変えることは、例えていえばテレビのチャンネルを変えるようなもの。状況が変わっても心が過去の痛みに影響を受けている状態は、今は楽しい番組を見ているけれど裏番組ではまだ怖い・悲しい番組が放映されている、というような状態です。







心のチャンネルはちょっとした刺激で瞬時に裏番組(過去)に戻ります。







ところで戦争ストレス反応の治療は戦地で治療する方が改善しやすい、という事実をご存知でしょうか。







心の由来」というサイトの「どこか遠くに逃げたら楽になるのかな・・・パートⅠ」というページから戦争ストレスについての記述を抜粋します。







(以下抜粋)







戦場で治療をしないと(安全な後方に搬送してから治療をすると)治療成績が下がることが経験的に知られていました。







レバノン紛争では、イスラエル軍は「戦闘ストレス反応」については、基本的に戦場で治療をする、という方針をとっていました。 日本の陸上自衛隊でいうと「師団収容所」にあたるレベル、つまり戦闘地域の前縁からほど近いところで、まさに戦場において治療をする、という方針です。 これは「迅速、近接、期待 immediacy, proximity, expectancy」の原則と呼ばれていました。 「戦闘ストレス反応」を起こしてしまったら、「戦場」において、迅速に、元の部隊と近接した場所で、元の部隊との絆を維持しながらすぐに原隊復帰することを期待して、治療を行うということです。 







治療の結果、ちゃんと治って戦闘に復帰できた人がどれだけいたかを比較してみると・・・







「迅速、近接、期待」の3原則を守って戦場で治療された人たちは60%程度の復帰率であったのに対して、比較的安全な後方に航空後送されてから治療された人たちは40%、さらに後方の安全な民間医療施設に航空後送されてから治療された人たちでは16%と極端に復帰率が落ちてしまっていました。








イスラエル軍の軍医たちがすごいのは、この後なんと20年間も追跡調査をしたことです。







その結果、レバノン紛争で「戦闘ストレス反応」を起こしてしまった兵士たちは、その1年後、2年後、3年後、そして20年後の心的外傷後ストレス障害PTSDの発症率は、どの時点を見てみても40~60%くらいもありました。






「迅速、近接、期待」の3原則が全て守られた場合のPTSD発症率は25%であったのに対して、2つだけ守られた場合は32%、1つだけ守られた場合は39%、そして1つも守られなかった場合は48%のPTSD発症率になっていたのです。







(ここまで抜粋)







なぜ戦場のストレスを戦場で治した方が治療効果があがるのかというと、過去になれば悪い記憶として定着して変えようがないから、と考えるのが自然でしょう。







戦場から平和な環境に連れていってもらっても、戦地=パニックに陥ったという記憶で完了しています。自然に良いイメージに変わるわけがありません。







犬に咬まれて以来犬に近づけない人が、犬と触れ合う体験なしに犬好きになることなどありえないのと同じです。







戦地を思い出す刺激を受けたときに、戦地での最終反応として自分が起こしたパニック状態に陥ります。







誰か大きな存在(上長の指示)によって平和な世界につれていってもらってなんとか命拾いしたという記憶ですから、パニックになったとき誰かの力にすがるしかない、という学習体験になっています。







「自分は状況をコントロールできず、パニックになった」という無力感、「自分以外の人(大きな存在)によって救出された」という無力感、ダブルの無力感を学習しています。そして自分をコントロール不能な状態に追いやった戦争という状況への恐怖心も学習します。さらに、「この世には自分にはコントロール不能な状況が存在するのだ」という学習、「その時自分はきっとまたコントロール不能になるだろう」という予想をするようになります。そして予想した反応を自己暗示によって引き起こします。






似た状況で困難を克服しなんらかの成功体験まで持っていく治療法が効果的なのは、「つづき」をやることになるからです。







「最終反応」だったパニック反応は「途中経過にすぎないもの」に変わります。







「一時はダメかと思ったけれど○○したら解決できた」という体験は、トラウマどころかエンパワメントになる学習体験です。







軽めの、似た困難な状況で、本人がなんらかの解決行動を取り、そのことによって状況が改善するという成功体験によって「こうすれば良い」という方法論の学習が身につきます。







また「もうダメだと思う状況を克服できた」という体験によって、「たとえ絶体絶命と思う状況でもなんらかの解決策があるものだ」という学習になります。そのため粘り強いタフな精神力が培われます。







これらは無力感とは真逆の反応ですが、どちらも単に経験による「学習」と「予想」によって起きるのです。







戦争ストレスのような大きな問題だけではなく、もっとライトな、私たちが普通に「トラウマなんだよね」と話すような体験においても同様のことがいえます。







そしてサポートについてもここから学べることがあります。







もし身近な人がトラウマ的体験を引きずっている場合、基本的にはよい環境を与えることがもちろん一番良いのですが、本人の力がある程度回復してからは、過去と似た困難な状況を絶対に絶対に避けなければならないかというと、必ずしもそうではないといえます。







もちろんわざと似たような状況を作るような無鉄砲な荒療治は避けるべきです。







トラウマ場面が再現された場合、通常、本人はまず過去の最終反応に逆戻りするので、自分はそれを上手に成功体験まで導けるほどの目効きか、腕効きかが問われます。







とはいえ作為的ではなくても似たような困難が再現する場合も多々あると思います。







というのは偶然に似たような出来事に遭遇するだけではなく、本人が過去のトラウマから過敏に似たようなことを見つけ出すようになっていたり、あるいはトラウマを投影して非現実的な偏った見方をすることなどによって、トラウマ場面と似た困難が再現される確率が一般の人より高くなるのです。







そのようなとき、身近にいる人間としてどうサポートすればよいのでしょうか。







一番大事なことは、本人がここで成功体験をできれば裏番組(過去)まで変わる可能性が高いということをわかっていること。逆に失敗すれば、失敗体験の二度塗りになり、小康状態を保っていた精神状態はさらに悪化するだろうとわかっておくこと。トラウマ的体験と似たような体験は、成功か失敗かを大きく分ける分水嶺になるということをわかっておくことです。







わかって見守っていることの方が、具体的に何をするかよりも大事です。







「今こそ過去の体験を克服するときだ」などとはまず言いません。なぜなら意識させればかえって固くなり緊張し、その結果、失敗の可能性が増すからです。







むしろそれと自覚せずに新たな決断をできた方が良いので、微細で柔軟なサポートをします。







本人が昔の最終反応のようなパニックに陥っている場合、状況によってはですが、自覚させる方が良い場合もあります。ただしそれは本人の意識の中で今と昔を切り離し、落ち着いて考えて新たな対処方法がとれるようになるためのサポートですので「今は前とは違う。同じことが起きているわけではない。昔の再現ではないのだ」と伝えます。






このような知識を実際に身近な人のサポートに使う方がいらしたら、知識を大上段にかまえたりせず、頭のすみにとどめて、生身の相手をちゃんとみてください。







どんな理論より現実の生身の相手が優先だということを忘れず、知識と現実が違うときは知識は脇において現実を見ること・感じることが大事です。







目の前の相手をちゃんと見て、よく聞き、感じ、相手の希望になるべく沿い、優しく見守りながら、ほんのスパイス程度のさじ加減で知識を使っていくという点を、くれぐれもよろしくお願いします。







コメント

Secret

プロフィール

ユーリ

Author:ユーリ
新宿区中落合でヒプノセラピーをしています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索