写真シリーズ

はるさんに連れていってもらった伊豆の矢筈山です。

連れていかれるままに車道から道のない山林に少し入ってみたら、そこは人の手がほとんど入っていない、自然の調和を感じるような場所でした。

写真に撮ってよいかどうか筋反射で自分にきいたらダメとでたので撮らなかった、聖なる感じのする小さい滝があって、その水の流れが作る模様をしばらく見つめていました。

そこにいたのは30分程度でしたが、とてもとても元気になりました。こういう場所はパワースポットなのでしょうね。

有名なパワースポットじゃなくても、人に乱されない、調和が保たれた自然はパワーを保てるのかなとも思いました。

考えみれば人間は自然界の中にタダで暮らし、タダで食べ物をもらって、自然に癒される居候みたいなものです。

旅行の交通費や宿泊費を払ったからといって、木や空や風、食べ物として我が身を与えてくれた生き物たちに一円たりとも払っていないのだから、お金を払ったから自分には権利があるというような意識は間違った思い込みなのだろうなと思いました。

自然界の調和の仕組みに無知だったり、また気づいていても謙虚で気が弱かったり社会的に非力だったりして組織に働きかけることができなくて、人間という種としての自然破壊がとめられないのかもしれませんね。

自然界はお金は受けとってくれないから、どうすればちょっとでも受けた恩恵のお返しができるのかなと考えてみると、敬意をもって知ろうとすることとか、元気•愛気•感謝の気など人間の発する良い気をいっぱい発揮していくこととか、社会と調和しながらも地道に働きかけていくことなのかなぁと、とりあえず思いました。







コメント

Secret

プロフィール

ユーリ

Author:ユーリ
新宿区中落合でヒプノセラピーをしています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索