スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マインドフルネスストレス低減法

最近、興味があるもののひとつはマインドフルネスストレス低減法です。


たぶんヨガや仏教的瞑想法を応用して組みたてた心理療法プログラムではないかと思います。


体の痛みなどがある場合、痛い部分に自動的に意識が向いてしまいがちですが、体をCTスキャンするように順番に感じとっていくことで、痛い部分を待たせ、順番がきたときにはじっくり感じ、次へ移るときには、痛い部分を通り過ぎることができるようになります。


意識を強制的に引きつけようとする強い刺激に対して自動反応してしまうのをやめて、待たせ、感じ、通り過ぎることができるようになることは、自由な意識を手に入れるということです。


また痛みなどの不快感に対して、私たちは自動的に問題視して、解決しなければいけないもの、という捉え方をしがちですが、痛みを受け入れ、痛みを嫌がる自分の思いも受け入れ、自分が痛みでもなく、痛みを嫌がる思いでもなく、それらすべてを含む場であることを自覚していきます。


自分がすべてを含む場であるという考えは、図と地の概念に例えるとわかりやすいと思います。模造紙に絵を描いたら絵の部分を「図」、何も描いていない模造紙の余白部分を「地」と呼びますね。マインドフルネスでいう痛みや、嫌がる思いは「図」、自分が「地」です。


「地」である自分の中にとどまることが選択できるようになると、痛みがあろうが、痛みを嫌がる思いがあろうが、そこから離れた平和を感じることが可能になります。


平和な気持ちを維持するために物理的な状況に働きかける方法しか知らないと、対処に追われ慌ただしく、不安や焦りから自由になれる時間は短く、人生を楽しむ余裕もなくなってしまいがちです。


平和な気持ちを維持するために意識の置きどころを変える方法を選択できれば、安らぎのなかでひと休止することも観察することもできるので、対処が適格になりやすく、心理的安定が影響する領域(体や対人関係)に良い影響を与えます。









コメント

Secret

No title

いいね、あ、ちがった。ついつい図の方を自分だと思いがちです。

No title

ははは、なるほど。そういや「いいね」も図ですよね。
プロフィール

ユーリ

Author:ユーリ
新宿区中落合でヒプノセラピーをしています。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。