スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルマその7

カルマとは、あるパターンが繰り返されていることだ、と書きました。


前世や家系などの、私たち人間が通常把握できない範囲でもリフレインが起きていて、ジェノグラムでは家系のリフレインを可視化し、自覚できるようにすることで、仮説をたてたり方策を考える術としています。


リフレインを通じて、というより正確には、リフレインを自覚して比較検討することによって、人は、より自分らしいあり方を選択していくことができます。


場所や時代を変えて同じようなことが起きたら、少しずつ変化があります。同じような出来事でも、インドで起きるのと日本で起きるのとでは印象がちょっと違いますし、Aさんとの関係で起きたのかBさんとの関係で起きたのかによってもちょっと印象が異なります。


自分が体験したことなら主観的判断しかできなくても、他人に同じことが起きたのを見る側なら、客観的な感想を持てます。


何が繰り返されているのかというポイントがわかると、客観的な視点を自分に対しても向けられるようになりますし、ポイントを絞れます。


アルコール依存症などの自助グループの効果が高い理由のひとつは(参加するのとしないのと寿命が10年も違ってきます)、自分と似たような、そして少し違っている沢山のケース例を見ることができるからです。


心理学的夢分析の本を読んでいたら、一晩のうちに見る夢は、同じ内容のリフレインだと書いてありました。場面が変わるごとに一幕であり、一晩に何幕か夢を見ても、繰り返し同じことを言っているのだと書いてありました。主語•述語が変わり、する側になったり、される側になったり、それを見る観客になったりしながら夢が同じ構造を繰り返すのだそうです。繰り返す目的がなにかといえば、それは「自分自身を知るためなのだ」と夢分析家が書いていました。


まさにそれがカルマです。


カルマは、同じようなことが、主体•客体•観察者と立場を変え、時と場所を変え、繰り返されています。


そしてなぜそのようなことが起きているかといえば、自分を知り、選んでいくためだろうと思います。


どの立ち位置にたっても良いという世界を作り上げていくためだと思います。


良いと思える世界は、人によって違います。


キリストは「許されたければ許しなさい」「愛されたければ愛しなさい」と言ったのであって、「許されたくなくても許しなさい」「愛なんてまったく必要としない人も愛しなさい」とは言っていません


しかしながら「無自覚にであっても過ちを犯した人は罰せられるべきである」という世界を作った場合、その人の無自覚な過ち、場合によっては過去生や家系も含めた過ちまで罰せられることを、自分にたいしても許容することになるので、その結果、罪(積みあげたこと)を一切合切清算することになって大変な苦労をすることになり、かえって学びにくくなる、という理由で、宗教界•スピリチュアル界では、許すことを勧めます。


私もその方が手っ取り早いと思います。


しかし、絶対に絶対にそうでなければならないという宇宙のルールがあるわけではないと思います。


自分の延長線上にあるものを引き付けるので、延長線上にあるより強い霊体をひきつける可能性がありますが、おそらく自分の世界の法は、自分が決めてよいのです。


アラスカに住むインディアンには私たち日本人がいっしょくたに白と呼んでいる色について、微細な色分けによる100種類もの呼び名があるそうです。でもとても寒いです。


南国では、白の呼び名は多くないし、私の苦手な虫もいますが、暖かくて果物豊富です。



どちらが正しいというわけではなくて、要は好きか嫌いかなのです。



スパルタ式が好きなら好きで、学ぶ側•教える側のあり方にそれぞれ必要なあり方がでてくるでしょうし、許し許されて学ぶのが好きな場合も、それぞれ必要なあり方が生まれます。


どちらであってもよいのですが、する側•される側•見る側、どちらの立場になってもそれがよいと思うなら•••ということがあり、その点で人は成長を強いられています。


私たちは、若いときは権力者を否定し、年をとれば若い人を「今の若い世代は」と批判していて整合性がとれていません。


中高生のときも中高年になっても「誰もわかってくれない」と嘆いているのは、自分がいつのときも他者に理解がなかったと言っているようなものです。


整合性のなさが問題です。


南国でもアラスカでもいいから、どの立ち位置にたっても気に入るパーフェクト内面世界を創造していくことが必要だと感じます。

コメント

Secret

プロフィール

ユーリ

Author:ユーリ
新宿区中落合でヒプノセラピーをしています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。