スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルマその13

内観療法の話の続きみたいな話ですが、私は子どものころ、近所の代々木八幡神社によく遊びに行っていました。


年じゅう遊んでいたのですが、夜の縁日の日は、買い物客が小銭を落とすようで、縁日の翌日は小銭が参道に落ちていました。


私は椎の実を拾ったりするのと同じ感覚で、縁日の翌日は小銭を拾いに行っていました。


そんなに悪いことだと思っていなかったのですけれど、内観で「盗み」について振り返ったときにハタと思いだし、大変申し訳ないことをしたとわかりました。


それで、内観療法の帰り道、代々木八幡神社に寄りました。


自動販売機でジュースを何回にもわけて買って1万円分の小銭を作り、ジュースと小銭袋をもって社務所へ。


事情を話して祈祷をお願いしました。


小銭を入れた袋を神前に供え「幼きころの愚かなる過ちの草々を~」とオリジナルの祝詞で取り次ぎをしてもらいました。


以来、不思議なことに、小銭を拾う夢を見なくなったのです。


逆にいうと、それ以前はたまにそんな夢を見ていたのです。


幼少期、神社で小銭を拾っていたことと小銭を拾う夢が関係していたなんて全然知らなかったのですが、関係していたのでした。


人間が創造的な存在であることはスピリチュアル界では広く了承されている原則ですが、もしかしたら神社とか、パワースポットとかは、その原則が、ほかの場所より強く働くのではないかな、と思います。


そもそもちゃんと自覚して創造をコントロールできたら、特別な場所なんて必要ないのかもしれないけれど、無自覚に、矛盾した創造行為をして、へんてこな状況を作り出してしまうわけです。


現在の、望ましくない結果の、バランスの均衡を崩して、願いを実現する方向に力をかけるために神社やパワースポットをまわるというような発願のやり方があるくらいなので、神社やパワースポットでのアファメーションが、それ以外の場所のアファメーションに比べて強く働くということかもしれないと思います。


そんな創造の力が強く発揮されやすい場所で、私は小銭なんか拾っていたもんだから、ずっと小銭を拾う夢ばかり見ていたのかな。


トホホ。


以来、代々木八幡神社をお参りするときは、お賽銭はお札にしています。


せめてお札の夢が見たい。

コメント

Secret

プロフィール

ユーリ

Author:ユーリ
新宿区中落合でヒプノセラピーをしています。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。