スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星の王子さまミュージアム

友達が、星の王子さまミュージアムに連れていってくれました。
星1



作者のサンテグジュペリは幼いとき弟を亡くしたそうです。弟が発作のときに言った言葉「ぼくは苦しくなんかない。痛くもない。ただ、どうにもとめられないんだ。これはぼくの体がやっているんだ」という言葉は、サンテグジュペリの心に残り、作品にも影響を与えました。星の王子さまが毒蛇にかまれて肉体を捨て、星に帰るときの言葉「ぼくは死んだように見えるかもしれない。でもそれは本当じゃないんだ」というセリフも、そこからきているのでしょう。


友人への書簡には可愛いイラストが書いてあって、内容も純粋でヒューマンな性格があらわれていて、とても魅力的な人だったんだな、と思いました。


サンテグジュペリがレストランで食事中に子どもの絵を描いているところを見て、通りかかった人が「なにしてるの?」と聞いたら、サンテグジュペリは「ぼくの中にこういう子どもが住んでいるんだ」と答えたそうです。聞いた人は出版社の人で、クリスマス用の絵本を描くように勧めました。それで『星の王子さま』ができたのでした。サンテグジュペリは『星の王子さま』が世に広まるのを知らないまま、飛行機で行方不明になりました。


『星の王子さま』に出てくるキツネです。
星3



友達が「ヨダちゃん(私のあだ名)って星の王子さまの雰囲気あるよね」って言ったので「え!ほんと?どこが?」と喜んで聞いたら「髪型とか」だって。ははは・・・聞かずに曖昧に喜んでりゃヨカッタ。
星2



テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 心と身体

コメント

Secret

プロフィール

ユーリ

Author:ユーリ
新宿区中落合でヒプノセラピーをしています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。