気づきの体験①-4

私は若いころからいじめや差別や自然破壊などの社会問題について嘆いていて、変えていきたいなぁと思っていました。

学生のころのある日「あ!きっと弱肉強食がいけないのだ。それは食べるからなのだ」と思いつき、無鉄砲に断食して、7日目にラーメン食べる夢をみて挫折するようなアホでした。

復食のやり方も知らず、いきなりボンカレー食べて吐いたりするアホでした。(悪い例ですので決して真似しないでください)

今思うとマンガですが、思いはそれなりに切実でした。

大きくなっても社会問題を解決する側であろうとしてきました。

でも社会問題は簡単には変わりませんから、地道な活動をちまちまやりつつ酒を飲めば社会問題を論じて咆哮飛ばしていました。

私はかなり度数の高いお酒をストレートで飲んでいました。

自然や命を守らなければならないと涙ながらに力説しつつ、自分の中にもある自然や命を粗末に扱う矛盾。

命に耳を傾け、命とともに生きたいと言いつつ、ガブ飲みして、体の中では自然破壊が起きている。

酒販業界は人間の依存性を利用して安定した業績をあげているかもしれないけれど、リカーショップで酒を買って飲んでいるのは他ならぬ自分。

外側の社会問題にとりくむことも大事だけれども、自分の中でも同様のリフレインが存在しているのです。

自分に関わるリフレインを変えていくことができなければ、外側が変わるわけがありません。

もちろん自分の中のリフレインを変えれば必ずすぐさま外側の状況が変わるということではありませんが、少なくとも自分が変えたいと思っているならば、自分の中で起きている同じ構造のリフレインを変えていくことでアファメーションを純化したいと思いました。

そして、買い置きしていたウイスキー3本を、流しに捨てました。

今は体に負担にならない程度の飲み方をしています。

こんなダメダメな私の話でお目汚しして申し訳ありませんが、ここから気づいたことを共有したかったのです。

未解決の問題がまだ残っている状況があっても、問題が存在しているからいけないというより、こんな世の中生きるに値しないというより、その問題に対して「自分は」どう関わるのかという点が最も重要なことであり、また外側だけではなく自分の世界にも同様の問題構造がリフレインしている場合、そのリフレインを変えることでアファメーションをより確かなものにしていけるのではないか、ということを共有したくて書きました。

おわり

コメント

Secret

プロフィール

ユーリ

Author:ユーリ
新宿区中落合でヒプノセラピーをしています。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索