スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あること

私たちは進歩や向上のために、解決すべき問題を意識します。


問題というのは、不足していること・不十分なこと・ダメな部分・改善が必要なこと、などです。これらをひとくくりに「ない」ことと呼んでみます。


「ない」ことにフォーカスする視点は、進歩や向上のために大切な役割を果たす側面もあるのですけれど、否定的視点であるため、幸せを感じにくくなります。


問題にフォーカスしているときは、難しい顔をしがちです。


いっぽう幸せを感じ、心満たされるときは「ある」ことにフォーカスしているときです。


大切な人に出会えたこと、やりたいことができたこと、今こうして存在していること。


私たちは、なかったものを得られた直後は「ある」ことに感謝して幸せを感じますが、しばらくするとまた欠けているものに目が向きがちです。


「ない」ことにフォーカスすることは、進歩や向上のための問題解決的思考ですが、無意識的•習慣的になると、いつも問題ばかりに目がいって、問題に囲まれているような被害者意識に陥って、悩みすぎ・嘆きすぎ・心配しすぎ・周囲の人をけなしすぎ・否定やダメ出ししすぎ、に陥ります。


現代日本など比較的豊かな国に暮らしている一般的な人々にとって、幸せか否かは、現実的な環境の問題というよりも、「ある」ことにフォーカスしているか「ない」ことにフォーカスしているかという思考の習慣の問題である場合が多く、「あとひとつ問題解決すれば幸せになる」というような種類のことではない可能性があります。


むしろ問題解決思考のはずが、、恵まれているものが見えず、足りない点ばかり見てしまう思考の偏りになって自分も周囲も落ち着かなくさせ余分な問題を生む原因になるという本末転倒な場合すらあります。


「ある」ことにフォーカスするほうが問題解決に役立つ場合もあります。


「ある」ことにフォーカスすると、自分や人の良い面がみえ、胸が広がるような楽な感覚になり、楽しく、一歩進む力がわき、ストレス耐性があがります。居心地がよく、落ち着き、今ある恩恵を享受でき、感謝し、与え手を励まし、恩恵を享受しやすくなります。


最終的に人の一生は「なかった」点ではなく「あった」点で評価するものなので、より鳥瞰図的・ハイアーセルフ的視点ともいえます。


認めたり感謝しているときは自分の波動が高くなるので、祈りも通じやすくなるかもしれません。


とはいえ「ない」ことにフォーカスする意識がダメというわけではなくて、TPOの問題です。


仕事などで完璧さを追求するためには役立つ意識です。技術向上のためには今あることをただ喜んでいるのではなく、問題の発見・解決を繰り返し、過去のやり方を否定してより洗練された方法を生み出す必要があります。


専門的職業の人・社会的に洗練されている人が、親としては意外と子どもにトラウマを与えるような関わり方をしてしまう理由のひとつもここにあるのだろうと思います。


社会や職業で役立つ「ない」こと探しの意識を、プライベートに持ち越してしまうからです。


無自覚・習慣的に問題解決的思考方法で四六時中過ごしたら、うまくいかないことばかり考えて、どうすればいいかばかり考えて、イライラしたり焦ったり、楽しむ余裕がありません。いつも難しい顔をして、褒め育てどころか足りない部分ばかり指摘して、思わず知らず子どもの自信を失わせたりしてしまいます。


「ない」ことにフォーカスする意識と「ある」ことにフォーカスする意識はどちらも役にたつ思考方法ですが、場面や目的に応じて切り替え、使い分けるような自己コントロール力を身につけることが、社会人としても家庭人としても幸せを享受しながら進歩・向上できるコツかもしれないと思います。

コメント

Secret

涙。

いつの間にかここに辿りつき記事読ませてもらいすごく励まされました(σ^▽^)σ

元気も笑顔も無くしていたんです私、良いことなくて…。
でも暗い気持ちでいたらそれこそ良いことなんて無いのかもしれないですね。
そんな気持ちに勝手にさせてもらっちゃいましたo(^▽^)o

と同時にユーリさんってお話したらどんな方なのかな?と気になってきましたヽ(*’-^*)。
すこしでも話を聞いてもらえたら自暴自棄から抜け出せるきっかけを掴めるんじゃないか…と思わせてもらえたものですから。
お忙しいと思うのですが少しだけ私の悩みを聞いてもらえませんか?
もし、もし良かったらメールください(*´▽`*)

フルールさん、はじめまして。ユーリです。
人生に問題やストレスがあること自体は決して不健康でも異常でもなく、健康で正常な人でもなんらかの問題やストレスに出会うものですが、自分をけなしても前進する力にならないことも多いです。ないこと探しが役にたたないときは、視点を変えてみるのも手です。
私はヒプノセラピーと電話相談の仕事をしています。「ホームページ
はじめてのヒプノセラピー」というホームページに自己紹介文も掲載していますのでよろしければご覧ください。今後ともどうぞよろしくお願いします。
プロフィール

ユーリ

Author:ユーリ
新宿区中落合でヒプノセラピーをしています。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。