スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼の住処

血も涙もない鬼のような行為というものは存在しますが、血も涙もない鬼のような人間というものは存在しません。

そのような人非人は、私たちの想像のなかにのみ存在しています。

ユダヤ人を虐殺したドイツ人は、ユダヤ人がすごく悪い存在だと思って虐殺行為を行いました。

ルワンダの虐殺でも、ツチ族がひどいことを企んでいると恐れたフツ族の人たちが、ツチ族を虐殺しました。

どちらも、相手を人非人だと思った人が、その鬼のようなイメージの相手に対抗するにふさわしいと思われる防衛手段をとり、それが虐殺になったのです。

自分たちは善良な普通の人間であり被害者だと思っていた人たちが行ったことなのです。

血も涙もない鬼のような相手に対してふさわしい対抗手段をとることが、はたからみると、加害者と被害者が入れ替わり、ドイツ人やフツ族が鬼のような人に、ユダヤ人やツチ族が気の毒な被害者に見えるのです。

血も涙もない他人がこの世にいると思っている人たちこそが、反撃として、血も涙もない行動を起こすのです。

幽霊を見て、奥さんを殺してしまった番長皿屋敷みたいな話です。

誤った解釈に基づいて反撃することが、先制攻撃になることは、小さなことまで含めれば、とても頻繁に起きています。

コメント

Secret

プロフィール

ユーリ

Author:ユーリ
新宿区中落合でヒプノセラピーをしています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。