タイジング

「タイジング」というのをご存知ですか。語源は「税」という意味で、うろ覚えだけど「麦の収穫の1割を鳥やほかの命のために残しておく」という聖書の逸話があります。


わたしが習ったタイジングは、毎月収入の1割を寄付することです。1割のうち半分は、困っている人たちの助けになる使い方をします。もう半分は恩になった人たちに使います。


対象は毎月変えてよいのです。必ずしも人でなくてもかまいません。、NPO団体、自助グループ、地域の施設、友達、親、パートナー、勤め先の会社、アーティスト、神社仏閣、自然界などなど、なんでもOKです。本来は現金なのでしょうが、わたしはもてなしたり、お土産を買ったり、団体の販売物品を買ったりすることが多いです。


ボランティア的で辛そうなイメージとはずいぶん異なり、始めてみると楽しいものです。まだ数ヶ月しか経っていませんが、いろいろ副産物があると気づきます。


「今月は何に使おうかな?」って考えるでしょ。


まず「自分より困っている人」について考えますね。世の中の不幸な現状をみても怒りや無力感はなく「何しよう」とワクワクしながら考えます。世界の貧困と無意識に比較するのか「自分が貧乏だ」という気がしなくなってきます。実際はお金払って減っているはずですが気分は豊かで、焦燥感や閉塞感がなくなります。


つぎに「お世話になった人」について考えます。「今の自分をここまでにしてくれた存在」というテーマについて考えるだけでも癒し効果があります。生きているだけでも必ずお世話になっています。でも受け取ったことに気づかず不足を嘆いています。感謝は、誰かに何かをしてもらえば自然に自動的に感じるというものではありません。「わたしは確かに受け取ったのだ」と認めて受け入れたときに感じるものです。そのとき幸せになります。


「あの時チャンスをくれた」「大事なことを教えてくれた」「抱っこしてくれた」「ごはん作ってくれた」「あの曲に癒された」など思いだす作業で感謝がわいてきます。わだかまりも消えます。今まで感謝を行動としてあらわしてなかったことに気づきます。お返しについて考えると自分自身が満たされます。


周りの人たちにプレゼントすることが増えますが、いちいち「これタイジングです」なんて言いません。だから相手は普通に喜んでくれます。使う分を決めてとってあるので出すのが苦になりません。潤滑油になって関係性がなごみます。


昔は「いつか経済的に安定したら奉仕的な活動をしたい」と思っていました。でもそう思って10年たっても何も変わらないです。先がどうなるかわからないのが人生ですから準備を整うことはありません。「今」やっている方が精神的に安定します。「いつか」という宿題がなくなって、自分が今生きて食べているだけで存在効果があると思えます。


自分自身がお金を、誰かを助けたり感謝を表す手段として使っていますと、お金がみんなを苦しめるものだとは思わなくなります。お金の問題をネガティブに考えなくなります。自分が豊かになることがみんなの豊かさに直結しているから、お金儲けへの罪悪感もなくなります。物質的な豊かさと精神的な豊かさが共存できる世界観になります。収入を把握するために家計簿をつけるので節約上手になります。結局無駄に消えるお金がなくなっただけなのです。


タイジングはよいカルマを生むそうです。過去世などのネガティブなカルマの相殺ができるといいます。他人のカルマを相殺することもできるといいます。


でもそんなことが本当かどうかわからなくても、やり始めたら気分が安定したり充実したりするのです。そういうことから考えると「カルマって過去や将来のことではなくて、今の自分の内部構造のことなんだな」と思います。昔あったことが今の内部構造にも残っていて、今ある内部構造が将来反映することもあるのでしょう。過去も未来も今の自分の中にあるのですね。















テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2%を自分以外へ

誰でも、一度は「自分は何をしたらいいのか」を悩んだことがあると思います。自分は世界のどこで、何ができるのか?「やりたいこととできることは違う」たいてい、そういう問題になります。しかし、ひとつ項目が足りません。「やりたいこと、できること、やらね

コメント

Secret

実用的!

UPされてすぐ読んだんですが、ううむ~と考えることしきり、です。
ユーリさんの書かれていることはとても実用的だし、とても納得できて、いい事聞いたな~と思いました。
引っかかっていることは、「収入の一割ってえっと~、いくら?」とか「家計簿つけてないから収支がよくわかんないな」とか、そういうしょうもない理由です。これってきっとお金に対してのネガティブさがあるんでしょうね。
自分がどれだけ稼いでいてどれだけ何に使っているのかをはっきりさせるのが怖いという。何が怖いんだかも全然ピンとこないのですが、漠然と。
でもいつまでたってもそれでは前に進めないので、アバウトで額を決めて、そこから様子を見ようと思います。
そうすれば案外簡単かも。
いずれにしてもよいことを聞きました。
やってみよっと!

そうね~。1割ってなんでしょうね。税金は引いてよいと言われたのですが、どこまで税金かもわかりにくいですよね。ひょっとして家賃などの必要経費も引いていいのではないかと思ったりして、引いたら何も残んなかったりして・・・今度聞いてみようかな、と思います。

大樹さま。トラックバックをありがとうございました。(コメントとトラックバックってどう違うのかなぁ。)


2%というのもいいですよね。わたしはたまたま1割と聞いて何も考えずその通りにしましたが、結構大変ですもん。


いただいた文章が途中できれてしまっているようです。その続きを教えていただけたら嬉しいです。






プロフィール

ユーリ

Author:ユーリ
新宿区中落合でヒプノセラピーをしています。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索