スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の問題のインフォームドコンセント

インフォームドコンセントは、通常体の健康問題について、患者や患者家族が今後の方向性を選択できるようにするために、医療者が必要な情報提供を行うことをいいます。

そうすることによって、患者や患者家族は、たとえ苦難があっても投げやりになって治療拒否したりせず前向きに乗り越えていこうとする姿勢を保ちやすくなります。

医療者は患者をサポートすることはできても、患者の代わりに手術を受けたり痛みに耐えることはできませんので、辛さに耐えながら前向きに治療を受けるのは患者自身に頼らざるを得ません。

それを患者役割といいます。

また医療者は、日常生活で関わることはできませんので、患者をサポートする家族にとって代わることもできません。

患者や患者家族が単に受身の存在であっては治療はうまくいかないから、患者役割、家族役割という概念ができました。

患者や家族に協力してもらうには、当事者の意思決定が必要だということになりました。

意思決定するためには、問題状況を正確に把握して、可能な目標、方法や代替え案を、メリットやデメリットを含め理解したうえで、自分の価値観に従って選ぶというステップが必要となります。

安易な期待だけでは不十分で、デメリットも引き受ける覚悟をもって選択することが積極的な治療への参加につながるため、覚悟を促すこともインフォームドコンセントの重要な要素です。

で、実はこのインフォームドコンセントという概念や方法論は、心理的な相談を受ける場合や、家族や部下にアドバイスや指示をする場合も役にたちます。

なぜならアドバイスする側がどれほど正しいことを言ったとしても、当事者の代わりに選択することも、当事者の代わりに頑張ることも、当事者の代わりに生きることもできないからです。

たとえ命令しても、見ていないところで当事者がどうするかまでは強制できません。

当事者の積極的な協力なしにはどんなアドバイスも意味をなさないという点で、当事者役割というものが確実に存在します。

当事者が意思決定したうえで当事者役割を果たすことによってアドバイスはは初めて意味あるものになるのです。

意思決定に必要なステップは、状況を正確に把握し、複数の選択肢のメリットとデメリット、予測できる結果を理解し、デメリットも覚悟をしたうえで自分の価値観に従って選ぶこと、です。

当事者の意思決定に必要なステップのポイントをおさえておけば、アドバイスが生かされやすくなります。

今朝の夢は、知り合いが出てきてガッツポーズをしながら

「勝つとは、克つことだ」

と言ってました。

外に向かう勝利ではなく己に勝てということのようです。

朝起きて、ダスカロスの勉強会で「自由」について習ったのを思い出しました。

自由というのは権威者に従わないことではなくて、自分が選んだ目的に対して、自分の言動をコントロールできること。自分の中の衝動とか欲求とか、自分を突き動かすエネルギーに対して自己コントロールをきかせられることです。


克つことも自由も、その相手は人じゃなくて自分だよ、と私の無意識はリマインドのための夢を見せてくれたのだと思います。




障害認定と介護認定

実家の父は今回のペースメーカー装着によって、身体障害者1級の手帳をもらえることになりました。


今はペースメーカーを入れる人が多いので、厚生労働省からあんまり1級にしないよう指導が入っていると担当医から聞きましたが、父は中でも重篤だったため、医師の意見書に一級相当と書かれていて、その通り認定されました。


父は家事が苦手なので、これを機に介護認定も取ることにしました。


病気や障害(ある程度長く続く病気による生活のしづらさ)の有無と、介護認定は別物です。


介護認定では、高齢者に対して、支援や介護が必要かどうかを判断します。支援は、基本自立生活が営める人に対して、自立生活を維持できるよう手伝うことで、介護は、自立生活が難しい人に対して必要な手助けをすることです。支援は1から2、介護は1から5と等級が分かれています。支援より介護の方が重く、等級の数が多いほど重い、とされています。


父の場合は、要介護2と認定されました。父の状態にしては最も重く認定されたと思います。在宅サービスの場合月々21万円まで利用できます。本人負担額は、所得に応じて最大2割負担です。


認定結果通知書とともに、事業所リストが送付されてきて、その中から自分で選んで、ケアプランを作ってくれるケアマネージャーを選任する必要がありますが、沢山事業所があってわからなかったので、最初に相談していた地域包括支援センターに問い合わせたところ、実家の状況に適した事業所を判断してもらって決めることができました。


私の実家のある自治体では、身体でも精神でも1級の場合は、手帳を持っている限り一生、すべての診療科の自己負担額が無料になります。通称マルショウ(障害の障を⚪️で囲んだ印)といい、重度障害者(1級の手帳を持つ人)は歯医者でも目医者でもタダになります。







ゴミ屋敷掃除

先日、実家の父が倒れて急遽搬送され、ペースメーカー装着手術を受けました。


病院からの電話で、父が治療拒否をしているけれど一刻を争うので今治療の許可をくださいと言われました。


しかし、心臓の問題ということは「生き様、死に様」といった個人の哲学に関わるため「治療を受けた場合のメリットデメリットを伝えたうえで父自身の了承を得て、サインをとって治療してください、私が行くまでに父が治療を受け入れなかったら死に目に会えなくても文句言いません」と伝え、病院に向かいました。


担当医からの1時間の説得の末、父はペースメーカー装着手術を受け入れたようで、私が到着したときには、簡易版ペースメーカーをつけていました。


その後、本格的なペースメーカー装着手術を受けました。ペースメーカー装着手術は私が想像していたより簡単で安全な手術で、術後一週間で退院となりました。


父の暮らす実家の家は、父自身の趣味である古本収集と、男やもめで整理や掃除ができないため、寝る場所も歩く場所もがない状態になっていました。


病み上がりで戻ってくるには不適切な状態でしたので、なんでも屋さん2人と友だちの協力を得て、総勢5人で部屋の片付けをしました。


父にとって大切な本は捨てず、その他のゴミだけを捨てましたが、それでも150~200袋ぐらい出ました。


「業者に廃棄処分を頼むと80~100万円かかる」となんでも屋さんが言います。ゴミの廃棄料なのに高額です。


こういうときは役所の環境事業所に相談するとよいのです。自治体ごとに(持ち込み可とか、収集車を出すとか)若干やり方に差があるようですが、基本、無料で引き取ってくれます。実家の場合は、様子を見に来てもらって、予約日に収集車が来てくれました。志を渡そうとしましたが断られ、完全無料でした。

粗大ゴミは事業所に持ち込み可能で、8千円分くらい引き取ってもらいました。


だいぶスッキリして寝床を確保できました。父も「細かいことをいえばあれこれなくなって不服はあるけれど、マクロな意味ではよくやってくれたと思っている。世話になったね」と言っていました。


メンタル起因の身体症状

ときおり、ストレス性の身体症状に悩まされる人の相談を受けることがあります。


喉の違和感、胸の重苦しさ、動悸など。


それらは、あるきっかけで初めて経験した体感覚が記憶され、以降敷居が低くなって、場所や相手かまわずむやみやたらと再現されるようになってしまったというだけで、学習の結果です。


症状のせいで出社や外出に支障をきたす場合もあります。


そんな自分が普通の人より劣っているように思えて自分を責め、越えなければと焦り、余計に自分を追い詰める人がいます。


そんなとき思い出していただきたいのはマクロな視点


まず、体感覚を学習するということ自体は不健康なことではないこと。自転車に乗るバランスを体が覚えるのと同じです。


また、アウストラロピテクス以来、人類史上、現代日本のような状況は近年のことにすぎず、現代社会に適応できるのが普通というわけではないこと。


しばらく前の日本人は、識字率も低く、畑を耕し、山やお天道様に手を合わせて暮らしていました。


現代社会は、心身の健康を保つことが政治の議題にあがり、ストレスチェックが法制化されるくらい生きづらくなっていることが社会的に認められているような社会です。


また現代日本でも、自給自足の暮らしをしている人もいれば、作家や投資家などで隠遁生活に近い生活をしている人もいて、家族が高収入のため働かない人もいますし、皆が同じ条件でやれているというわけではありません。モンゴルでは鷹狩りで暮らしている人もいます。


会社は前年度より利益を更新していくことを求められるものですし、労働者に支払う賃金は経費と考えて経費を抑え利益率を上げていくので、働いている人がきつくなるのは当たり前です。


適応できるのが普通、なのではなくて特殊対策が必要です。

セレブでもなければ受けられないサービスばかりが沢山あり、自然食品も高く、心身を健康に保つのは簡単なことではありません。家では裸族で過ごしたり、お金のかからない健康法をネット検索したり、今の自分がやりくりできる範囲でストレスケアが必要です。

置かれている状況を再評価したうえで、今はなんとかしてここを乗り切るしかないという結論に至るなら覚悟もできます。自分で選択すればだいぶ気分が違ってきます。

決めたらあとは方法論の問題です。

仕事は、ライフワークでなければ、生きるために必要なお金を稼ぐ手段ですから、心身の健康を害するなら手段として不適切、本末転倒です。


一度覚えた体の感覚は、新たな学習によって更新されます。小さくてもうまくやれたという成功体験をすることがより良い更新になります。


戦争トラウマの予後が一番良いのは、自宅に戻った人たちではありません。戦争の後方部隊あたりで治療した人たちです。つまり自分がバーンアウトした状況とちょっとだけ似たような部分を持っているけど、よりマイルドになっているような環境が、新たな学習に適しています。新たな学習(うまくやれたという成功体験)がしやすい環境を選ぶことがひとつのポイントです。

その辺りのことを専門家が言ってくれればよいのですが、共通認識ではないみたいなので、自分で選んでいきましょう。

プロフィール

ユーリ

Author:ユーリ
新宿区中落合でヒプノセラピーをしています。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。